a

見逃せません! 展示室4 ブルーノ・タウト

群馬県立近代美術館では1月18日より企画展
「フィレンツェ ピッティ宮近代美術館コレクション トスカーナと近代絵画」
が始まりました。
その魅力的な展覧会についてはまた改めてお知らせするとして
今回は美術館2階、展示室4についてご紹介致します。
こちらの展示室では只今、群馬県立近代美術館と
隣接する群馬県立歴史博物館の両館が所蔵するコレクション展として
世界的建築家であり高崎市ゆかりの人物、ブルーノ・タウトを特集しています。

タウト1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

展示されているのは家具や食器、服地やボタン、自筆のデッサンなど72点。
1934年から1936年、タウトが高崎市の少林山境内にある洗心亭に滞在し、
群馬県工業試験場高崎分場で工芸品のデザインと指導を行った
その2年余りの間に制作されたものです。
木製のペーパーナイフやスプーンの滑らかな曲線。
フィンガーボウルや置時計を彩る漆のコントラスト。
パラソルの柄と石突など細部にまで施された意匠。
おしゃれです!
その言葉を思わず繰り返してしまいます。
シンプルで美しい造形には、彼がデザインや素材に込めた
日本文化への思いが今も変わらず宿っているようです。
日本の文化を愛したブルーノ・タウト。
彼が高崎で過ごした日々のエピソードや、滞在した少林山達磨寺について
「観光たかさき 2014冬号」でもご紹介しています。

タウト2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらもどうぞご覧ください。
高崎駅ビジターセンターにてお受け取りいただけます。
美術館1階のイタリア美術を堪能されましたら
2階の展示室4へもぜひお立ち寄りくださいませ。
コレクション展 「特集4 ブルーノ・タウト」
2014年1月11日(土)~3月23日(日)
企画展「フィレンツェ ピッティ宮近代美術館コレクション トスカーナと近代絵画」
2014年1月18日(土)~3月23日(日)
群馬県立近代美術館HP
http://mmag.pref.gunma.jp/
少林山とブルーノタウトについてはこちら 少林山達磨寺HP
http://www.daruma.or.jp/bruno/index.html