2012年7月アーカイブ

sagisou.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高崎市染料植物園では、「収蔵品展「草木染の美・夏」PART2」

を開催中です。

日本の染織文化史に沿って冠位十二階制を始めとする位階による

服色や王朝の彩色など、古代から現代までの色の再現や創作による

染織作品が展示されています(写真は型染着物「さぎ草」 篠崎節)。

植物の持つ色の優しさや、豊かさをお楽しみ下さい。

会  期 開催中~9月23日(日)

会  場 高崎市染料植物園・染色工芸館

開館時間 午前9時~午後4時30分

     8月までの土・日・祝日は、午前9時~午後6時

     (最終入園・入館は、30分前まで) 

入 館 料 一般 100円(80円)  大高生 80円(50円)

     ( )内は20人以上の団体料金

休 館 日 月曜・祝日の翌日

 

「高商 22年ぶり甲子園」、号外が配られました

takasyou120727.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街じゅうがこの話題で持ちきりです。

 

夏の高校野球、本日の群馬県大会決勝は、

高崎商業高校が桐生商業を2-0で下し、

22年ぶり11度目の甲子園出場を決めました。

 

さっそく事務局にも号外が配られています。

街なかにももうすぐ懸垂幕やのぼりが掲げられ、

また商店街では優勝記念セールも始まることと

思います。

 

夏の高崎を、いっそう熱くさせてくれる話題に

胸弾む、

高崎まつりまであと1週間の週末です。

 

 

 

【機関車の街・高崎】朝日新聞「声」(7/27)から

kikansya120727-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

本日(7/27)付け朝日新聞オピニオン欄「声」に、

「SLふくしま復興号で癒やし」とのタイトルで

福島市の主婦、佐藤順子さんの投書が掲載

されていました。

 

今週末、JR東北線の郡山-福島間を

蒸気機関車のC61の牽引による

「SLふくしま復興号」が運行されます。

その予行運転が佐藤さんのお住まいの

前を走っているようで、

沿線は近所の方々や被災地から避難

されている方でにぎわっているのだとか。

 

この投書では、

震災で自信をなくしかけている佐藤さん

たちにとって、SLが街を走るという

「ささやかな楽しみをみんなで分かち

あえたらもう少しがんばれるかなと

思います」と締めくくられています。

 

kikansya120727-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ということで、高崎車両センター所属の

C6120はしばらく高崎を離れています。

次回の登場は、8月8日(水)、

快速SL C61誕生記念号の予定です。

今週末の高崎のSLはD51498、

高崎でも見る人に癒やしと元気を

届けてくれています。

 

 

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー

 http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/

 

 

takasyou120726-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日午前の上毛新聞敷島球場第一試合、

夏の高校野球群馬県大会の準決勝では、

高崎商業高校が桐生南に1-0で完封勝ち、と

またまたねばり強い守備で

決勝進出を決めています。

 

そんな勢いみなぎる高商から、

ユニークな新商品のお知らせです。

 

同校商研部がこのたび、群馬県特産の

やまといもを使った

「群馬のやまといもチーズケーキ」を

開発しました。

 

多くの健康効果があるといわれる

やまといもを、その持ち味をいかしながら

高校生の視点でのアイデアを交えて

仕上げた渾身の一品です。

 

チーズのかわりにやまといもを使うことで

カロリーカットを実現しています。

またクランベリーやクルミ、干しぶどうが

ほどよい酸味、食感を添えます。

 

 

takasyou120726-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

製造にあたっては、当協会会員の松田製菓さんが

協力しています。販売予定、イベントは下記のとおりです。

 

◎フレッシュベジたか(高崎市通町59-1 ℡ 027-321-0777)

 店頭での生徒による販売実習

 7月28日(土)・29日(日)、8月4日(土)・5日(日)

 9:30~18:00(売り切れ次第終了)

 

◎松田製菓での販売

 7月28日(土)~8月5日(日)店頭にて

 

 

北条時頼が諸国を巡歴した折、上野国佐野庄で

一夜の宿を乞うた貧家の夫婦は、秘蔵の鉢の木を

伐って粟粥を炊き手厚くもてなしました。

能の謡曲「鉢木」にもうたわれる現在の高崎が

舞台の物語です。

恒例の「たかさき能」では今年の演目に取り上げ

られます。

 

kikansya120724-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

店名にその名を冠し、「まちなかスタンプラリー」の

参加店でもある「鉢の木 七冨久」さんは、そんな

この街のいにしえからのおもてなしの心を確かに

受け継ぐ大正6年創業の老舗です。

 

皇室献上菓子「鉢の木」は半世紀以上続く

ロングセラー商品。

また、ラリー対象商品の「D51珈琲ぜんざい」(630円)は

職人の伝統の技と店主の遊び心あふれる一品です。

 

この機関車カラーのぜんざい、店主のおすすめの食べ方は

バニラアイスと混ぜていただくスタイル。

夏のまち歩きの後、ぜひご家庭でお試し下さい。

kikansya120724-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

鉢の木さんは夏向きの、涼感あふれる商品も

多数あります。

事務局スタッフおすすめは、この時期限定の

「柚子の香 水ゼリー」(1本273円)。

こちらは凍らせてシャーベット状にしても

美味。二日酔いの朝にもぴったりです。

 

なお、7月29日は「しちふくの日」として

フェアを開催。

水まん、水羊羹(各5個入り)半額となります。

 

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー 鉢の木七冨久さんのページ

 http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/shop-25.html

 

【機関車の街・高崎】もぎたて完熟屋でJAZZ LIVE(7/28)

「機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー」

参加店のもぎたて完熟屋さんは

紙問屋の倉庫として使われていた蔵を改装した

デリ&スイーツのお店。

素材のほとんどは地元産です。

 

kikansya120723-1.JPG kikansya120723-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

スタンプラリーの対象商品は

石炭マドレーヌ(5個セット)650円 と

D51煙突プリン(3個セット)1,000円 の2商品。

どちらもD51498のプレート入り、

パティシエのセンスの光るスイーツです。

(JR東日本商品化許諾済)

 

janjukuyajazz0728.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな同店で、今週末の7月28日(土)に

ジャズライブが行われます。

ディナーコース3,500円、18:00~

 

独特の空間と自慢の素材が織りなす

上質な時間。

詳しくはチラシ↓をご覧下さい。

もぎたて完熟屋JAZZ LIVE(7.28) ちらし.pdf

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー もぎたて完熟屋さんのページ

  http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/shop-24.html

kikansya120722-1.JPG kikansya120722-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

週末の高崎駅、SLが出発するホームにて、

階段を降りると人だかりができているのが

NREたかべんさんのSL弁当の臨時販売です。

 

kikansya120722-3.JPG  

 

 

 

 

 

 

 

高崎駅発着のSL、

D51(デゴイチ)とC61(ロクイチ)の2種類あり、

「上州D51弁当」は石炭をイメージした竹炭入りご飯、

「SLロクイチ物語」は古代米を使い、

ともに群馬の食材を満載したお弁当です(各900円)。

 

なお、「機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー」の

スタンプ押印は改札口を出た売店「駅弁屋上州1号店」のみ

の取扱いです。

売り切れになることも多く、各日に購入されたい場合は

事前にご予約を(℡ 027-322-1235)。

 

詳しくは

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー NREたかべんさんのページ

 http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/shop-04.html

 

kikansya120721-1.JPG kikansya120721-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

学校が夏休みに入り、

初めて迎えた週末。

今日のSLみなかみ号は

デゴイチの牽引。

発車する高崎駅2番線ホームは

家族連れでにぎわっています。

 

kikansya120721-3.JPG kikansya120721-4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

あこがれのSLの前での記念撮影、

いまや

夏の高崎の微笑ましい光景です。

 

群馬の旅を、存分に楽しんでくださいね!

 

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー

 http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/

 

takasaki_sldaruma01.JPG

 

 

 

 

 

 

 

機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー

参加店舗の臨時営業、休業のおしらせです。

(7/20現在)

 

◎もぎたて完熟屋

 休業日は日祝日⇒水曜日に変更します

 

◎チャイニーズファン

 7/23(月)、24(火)臨時休業です

 

◎自然堂 

 7/23(月)、29(日)臨時休業です

 

◎中村染工場

 7/28(土)臨時休業です

 

◎エルフリオ

 火曜定休、8/20(月)~22(水)臨時休業です

 

◎だるまだるま

 月曜定休、17時閉店になりました

 

◎こうげつ人形

 8/16(木)まで無休で営業します

 

 

 

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー

 http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/

 

ガイド付きまち歩き『高崎城の面影と老舗めぐり』

nakasendo120719.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

高崎観光ガイドの会の案内で、

高崎駅周辺の市街地にある神社仏閣や

老舗、歴史的景観などを巡ります。

 

日時 7/21~7/29,

         9/1~9/8 の土日曜日

    9:00~12:30

集合 JR高崎駅構内総合案内所

費用 無料

定員 各日先着60名

申込み 当日直接集合場所へ

     ※事前申込みは不要です

詳しくは、高崎市観光課(℡027-321-1257)まで

 

kikansya120718.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の梅雨明けから猛暑が続きます。

そんな日のまちなかスタンプラリーに

おすすめなのが、

市内循環バスの都心循環線

「まちなかぐるりん」です。

 

今月から新路線がスタート、

高崎駅西口から30分ほどで中心市街地を

ぐるりとめぐれ、20分間隔で運行されています。

まちなかぐるりんの1日フリー乗車券は200円、

車内で購入いただけます。

 

先日も都内からお越しの方が利用され、

「中村染工場まで楽に着けた」

との感想をいただきました。

 

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー 地図のページ

http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/pdf/stamp.pdf

 

第2回人情市ナイトシアター(7/21)

ninjou1207.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年から行われている野外映画

「人情市ナイトシアター」、

今年は7月21日(土)の開催です。

 

今回は『HAYABUSA』と『チェブラーシカ』の

2本立て。

上映は夜7時から、もてなし広場にて、入場無料です。

なお、午後3時から会場にて飲食店が並びます。

 

月例の人情市は

7月22日(日)8時~15時の開催です。お間違いなく。

 

 

gunmaiciban120720.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

エレファントジョンさんとアナウンサーの斉藤尚子さん

の進行で、

地元の身内が登場することも多く見逃せない

群馬県庁広報番組『ぐんま一番』で、7月下旬、

高崎の話題が2週続けて取り上げられます。

 

20日(金)19:30~20:00

(再・22日(日)20:30~21:00)は

「高崎のスイーツ」。

"決定!ぼくきみあなたのスイーツ+1"、

民放のニュース番組とGTV往年の人気番組名を

組み合わせたようなサブタイトルから、

制作者の意気込みがひしひしと伝わります。

 

番組宣伝チラシから、ただいま開催中の

「機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー」

参加店舗の鉢の木さん、完熟屋さん、糀屋さんが

紹介されそうです。

エレジョンのがってん森枝は多分大食いを見せるでしょう。

斉藤アナがどの商品を御気に召すか、

注意深く見守りたいところです。

 

翌週の

27日(金)19:30~20:00

(再・29日(日)20:30~21:00)は

「高崎のにゃんこ」

"小さなアイドル わんにゃんぴょん"

だそうです。

これは内容の予想ができません。

あらたな発見があるかもしれません。

ここは尚子のコスプレに注目です。

 

◎ぐんま一番HP

 http://www.gtv.co.jp/program/info/g-ichiban/

kikansya120717-1.JPG kikansya120717-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

関東甲信地方の梅雨明けが報じられています。

今日の高崎は晴天、午前中から35度を越す陽気。

今年一番の暑い一日です。

 

毎年、群馬・高崎の真夏の風景として

紹介されることが多いのが、

「機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー」参加店、

かき氷の「日本一」さんです。

 

地元で長く親しまれているお店。

これからの季節、

部活帰りの中高校生や

近所の子どもたちでにぎわいます。

 

昨年はその常連さんに加えて

スタンプラリーの鉄道ファンの方々まで

加わったので、

連日すごい行列となりまいた。

 

今年は機関車テイストとして

ミルクティー、

レモンティー、

キャラメルコーヒーミルク、

Wチョコアイスミルク

の4種(各500円)を用意。

また、コーヒーフロート(450円)も

スタンプ対象商品です。

 

kikansya120717-3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

初めてのお客さまに驚かれるのがそのボリュームです。

でもふわりと軽やかな氷でさらりと食べられます。

通常のかき氷は100円から各種あります。

 

 

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー 日本一さんのページ

http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/shop-20.html

多胡碑記念館の大賀ハス

画像吉井①.jpg 画像吉井2.jpg

多胡碑記念館の大賀ハスの開花状況

713日金曜日曇り

古代蓮(大賀ハス)の開花状況を見に多胡碑記念館のいしぶみの里公園にある大賀蓮池に行ってみました。

大賀ハスは、早朝に咲き、30分~1時間で閉じてしまうため、ちょっと遅すぎました。

カメラマンたちの姿は、1人、2人ぐらいでもう退散したようです。

でも、丁度この時期がハスの見頃を迎えているようです。今週末の早朝6時ごろはきれいな大賀ハスが見られそうです。ぜひ、多胡碑記念館に隣接している「いしぶみの里公園」に出かけてみてはいかがでしょうか。

多胡碑記念館は、高崎市吉井町池1085 電話387-4928

駐車場は、吉井運動公園駐車場を利用すると便利です。

 

horumon120715-01.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

夏のこの街で、景気よく煙を上げているのは

何もSLだけではありません。

本日、

食欲をそそる香ばしい煙がただようのが

街なかのさわも~る商店街です。

 

horumon120715-2.JPG horumon120715-3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

horumon120715-4.JPG horumon120715-5.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

第3日曜、

月例の「たかさき昼市」の特別企画、

「ホルモン祭り」。

この商店街一帯に漂う魅惑の匂いに

みな足を止め、鉄板の前に並ぶ。

そして子どもも大人も、

男性も女性も笑顔でホルモンを頬張る。

幸福の光景に加わってみました。

 

horumon120715-6.JPG horumon120715-7.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

ホルモンに辛口白ワイン、

またはイタリア産のスパークリングワイン。

これに晴天の陽射しが加わり、

キリリと引き締まった爽やかな酸味が

ホルモンの脂分をさっと流して、

次の一皿へと食指を伸ばせます。

 

horumon120715-8.JPG horumon120715-9.JPG

 

 

 

 

 

 

 

「機関車の街」スタンプラリー参加店の

ブラジルグリルさん、割烹さわさんも出展中です。

いろんな街の顔が交差する、

今日の高崎の街なかでした。

 

 

kikansya120715-00.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

三連休の中日、高崎駅2番線ホームは

今日もすごい人出です。

なかなかわが撮影定位置にたどり着けない・・・。

 

kikansya120715-01.JPG kikansya120715-02.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝、7時20分には懐かしい185系のあまぎ色車両

「特急そよかぜ」が発車、

また9時46分には

お座敷列車「お座敷たんばらラベンダー号」が発車、

そして待ってました、真打の「デゴイチ」の登場です。

 

kikansya120715-03.JPG kikansya120715-04.JPG

 

 

 

 

 

 

 

出発の合図とともに高らかに鳴り渡る汽笛、

もくもくと立ち上る黒煙、

また周囲の熱気。

いよいよ鉄分高まりゆく、高崎の夏の風景です。

 

SLを、撮ったり、乗ったりしたあとは、

スタンプラリーもお忘れなく! 

 

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー

 http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/

 

sorakohun120715-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千数百年前、これらの巨大な古墳群を築造した

いにしえの人々も、この壮大な光景を目にすることを

夢見ていたかもしれません。

 

今月始まった「ググっとぐんま観光キャンペーン」の

西上州のメインイベント、

「熱気球・古代東国体験」が本日行われています。

 

sorakohun120715-2.JPG sorakohun120715-3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

群馬県西部県民局の主催で、

同キャンペーンのテーマの一つである「歴史」に

スポットをあて、古代の群馬を空から思いを馳せる、

そんなイベントです。

 

発表当初から話題となり、募集人員の150名の

ところ2,000人以上の申込み!

幸運にもプラチナチケットを手に入れた方々が

期待を胸に会場となる高崎市井出町、

かみつけの里博物館に続々と集合しています。

 

sorakohun120715-4.JPG sorakohun120715-5.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

オープン前の試乗に参加させていただきました。

地上約30メートルから見た二子山古墳(左)と

八幡塚古墳(右)です。

 

「美しい・・・」

 

熱気球の炎にあおられ気分も上々に

高ぶりっぱなしの数分間でした。

 

群馬に行けば古墳を上から眺められる・・・

そんなイベントが定着すればいいな、とも

思います。

いかがでしょうか?

 

sorakohun120715-8.JPG sorakohun120715-9.JPG

 

gso2012-07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

党首、総裁、代表・・・

そんな連日ニュースに登場する肩書きのように、

監督、首席、アドバイザー、と

オーケストラの指揮者のタイトルにもいろんな

冠が付いています。

いずれにせよ当事者であれば

その意味するところの微妙な役割、意味合いの

違いは当たり前のように認識されているのでしょうが、

一般の人たちには分かりづらく、漠然とした認識で、

時に過大な期待を寄せたりもしてしまいます。

 

先月の定期演奏会の直後、

群響の新「音楽監督」が決定したとの報道がありました。

で、現「首席指揮者・芸術アドヴァイザー」の

沼尻竜典氏は今期限りで退任、

お友だちの「友情指揮者」も同じくそのポストから

降りるそうです。

 

諸般の事情は一群響ファンには知りえません。

でも、沼尻の3年前の首席芸ア就任のニュースは

地元紙一面を飾り、その後の

同文化面では同氏の意気込みを

見開きで掲載しています。

それを音楽家のマニフェストと受け止め

期待を寄せたのも事実です。

音楽とナントカは似ているのでしょうか。

5月定期のショスタコーヴィチが過去になくリアルに

響いたことに、

今になって妙に合点がいってしまいます。

 

 

さて、今月20日(金)の群馬交響楽団第483回定期総会は、

予定されていた指揮者に代わり、沼尻氏がタクトをとります。

 

メインプロはブルックナーの交響曲第3番。

コアなファンの多いブルックナー作品ですが、

後期の長大な円熟期とも異なり、

また次の第4交響曲のような俗っぽい人気もなく

演奏機会はそう多くはありません。

 

ここ数年の群響ではマーラーの大作への挑戦に

みなぎる意欲を感じさせてはいた沼尻が

ブルックナーでどんな音楽を聴かせるか。

 

首席指揮者でなくなると、いっそうこういう作品を

自ら取り上げることも少なくなるでしょう。

また、数十年後、仮に群響再演の機会があったと

しても、音楽に深みを増していたら

ブルックナーでも3番でなく、8番とか9番を

聴く側は望むでしょう。

 

となると、沼尻/群響でのブル3は

これが最初で最後かもしれません。

その、平日、花金夜の演奏会に、わざわざ

都合をつけて足を運ぶ価値があるかどうかは

人それぞれの判断となります。

 

第483回 群馬交響楽団定期演奏会(2012年7月)チラシPDF.pdf

 

 

 

horumoncarnival2012.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

料理人の饗宴!

創作ホルモン料理14店出場!

 

この往年の全日本プロレスを彷彿とさせる

ポスターは、今週末開催されるイベントにかける

主催者・関係者の思いを熱く訴えかけます。

 

以下、主催者プレスリリースから

 

~高崎市のホルモンの取扱い高は全国でも

トップクラスです。そこで、7月15日(日)の

たかさき昼市にて、

高崎と前橋の有名飲食店14店舗による

ホ ル モ ン 祭 り 

を開催します。

一皿300円~の売り切れ御免の特別企画!

料理人のプライドを賭けた創作ホルモン料理を

是非ご賞味ください!

 

日時 7月15日(日)開始11:00~15:00

会場 高崎市さやも~る

主催 たかさき昼市実行委員会

 

 

 

tonton2012.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

県内外各地からのお客さまが続いた今週でしたが、

今日は前橋市にぎわい観光課の皆さまが

刷り上ったばかりの

『前橋名物 豚肉料理グルメマップ』をたくさん

お持ち下さいました。

 

豚肉産出額は全国トップクラス、

TONTONのまちを掲げる前橋市さんの

豚肉料理店をどかんと110店舗掲載!

「ホルモン一皿」や「ライス大盛り」と

いったお得なサービスが受けられる

クーポンや

人気キャラクターころとんグッズ等

素敵な商品をGETできるスタンプラリーも

掲載!!

 

ご家族で楽しめるパンフレットですよ。

 

 

muze-dr.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の南群馬のミュージアム、

群馬の森の「うさぎ」、

日本絹の里の「チョウ」または「カイコ」、

高崎市歴史民俗資料館の「ホタル」 と

チラシを並べていて気づきましたが

昆虫や小動物のテーマが多いようです。

そして決定打はこちらでしょう。

 

明日7/14(土)から9/17(月・祝)まで開催される

保渡田町の群馬県立土屋文明記念文学館の

企画展「追悼・どくとるマンボウ 北杜夫」、

サブタイトルは

「昆虫と躁うつと文学と」です。

 

おなじみの

『どくとるマンボウ昆虫記』に登場する

昆虫の標本を集めた「どくとるマンボウ昆虫展」は

県内初展示とのこと。

また、昆虫の切り絵うちわ作りやまゆクラフト

など体験行事もいろいろ用意されています。

 

網と虫かごを手に、昆虫たちを追いかけまわして

いた頃が懐かしくなりました。

 

追悼・どくとるマンボウ北杜夫 チラシ.pdf

muze-btcn.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の高崎市内の美術館、博物館は、

こどもと楽しめる企画が目白押しです。

 

明日7/14(土)から8/27(月)まで開催される

日本絹の里の特別展、

「カイコとチョウ ~季節とのかかわり~」も

そんな展示のひとつ。

 

チョウの標本展示をはじめ

カイコの飼い方、黒い縞のカイコ、

カイコ飼育セットの販売、カイコの飼育教室

など展示や関連行事も盛りだくさんです。

 

詳しくはチラシをご覧下さい。

日本絹の里「カイコとチョウ」ちらし.pdf

 

追伸:

幼少期の体験(近所の養蚕家屋で口に入れて噛んだ)

からカイコがトラウマの担当者です。こんなに立て続けに

「カイコ」とキーボード叩いたのは初めてです。

緊張のブログアップでした。

 

 

 

 

muze-gun-120630.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月26日(日)まで、高崎市綿貫町の

群馬の森・群馬県立近代美術館では

"2012 こども+おとな+夏の美術館"

「森のうさぎと見るアート」を開催中です。

 

モネの『睡蓮』やルノワールの『読書するふたり』など、

同館の収蔵作品をいつもと違った視点で、

「森のうさぎ」の視点で展示。

親子でアート体験できる趣向を凝らした企画です。

そのほか、期間中はいろんな体験企画も

予定されています。

 

夏の群馬の美術館、博物館、

ぜひ出かけてみてはいかがでしょうか?

「たかさき日和」でも随時情報をお伝えします。

 

群馬県立近代美術館「森のうさぎと見るアート」チラシ.pdf

 

kikansya120712-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日7月11日付けの上毛新聞地域再生面に、

「町挙げて鉄道遺産保存」との見出しで

大分県玖珠町の取り組みが紹介されています。

 

特急ゆふいんの森号が停車する

JR久大線豊後森駅そばにある巨大な扇形の

建造物、「豊後森機関庫」。

 

最盛期の昭和40年代には250名の職員が

働いていたという機関庫は、SLの廃止と

ともに役割を終え、しばらくは廃墟と化した

状態だったとのこと。

 

このまちのシンボルともいえる機関庫を次世代に

残そうという気運が芽生えたのは10年程前。

町を挙げての保存運動が功を奏し、

今年4月には、国登録有形文化財に登録するよう

答申されています。

 

kikansya120712-2.JPG kikansya120712-3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

本日、この玖珠町から町議会(髙田修治議長

ほか7名)の皆さまが、研修として

「機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー」

事務局にお越しになりました。

 

機関車に寄せる期待を同じくする私たち、

和やかながら真剣な意見、質問が行き交います。

 

昨日の新聞記事にもコメントが掲載された、

機関庫保存委員会委員長でもある

河野博文さんの高崎へのお越しは一年ぶりとのこと。

昨年もスタンプラリーに参加され、

「九州からとても熱心な方が来店した」と

昨年、複数の参加店舗から伺っていたのは

おそらく河野さんに違いありません。

 

kikansya120712-4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

「機関庫」の街と、「機関車」の街がタッグを

組んだらすごいことになるかもしれない・・・

そんな夢のような会話も交されました。

 

高崎観光協会にも、年に数件、

大分の高崎山のサルの問い合わせが

来たりはします。それ以外、

ほとんど接点に気づかなかった街でしたが

グッと身近に感じた今日の午前でした。

 

これも、機関車がとりもつ縁です。

そんな思わぬつながりに、今年もどれだけ

出会えることでしょうか・・・。

 

kikansya120712-5.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー

 http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/

isobeyana1207-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

本日、お隣の安中市から、

安中観光キャンペーンレディの皆さんが

先日オープンした磯辺簗のPRに

お越しになりました。

 

夏の風物詩の、簗。

碓氷川のほとり、磯部温泉郷の

磯部簗は

爽やかな緑の風を感じながら

新鮮な鮎料理を堪能できる

期間限定のとっておきのスポットです。

 

キャンペーンレディの皆さんも

簗の楽しみ方など涼やかに紹介して

くださいました。

 

皆さんが去られた後も、

若鮎の香りがほのかに漂う

観光協会フロアでした。

 

isobeyana1207-2.jpg

kikansya120710.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

旅行雑誌、月刊『旅の手帖』(交通新聞社)の

人気コーナーで、

イラストレーターの大川陽子さんが

全国の街まちを歩いて紹介する

「にっぽんを休もう旅」。

 

本日発売の8月号では

ここ高崎市が4ページにわたり

紹介されています。

 

「機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー」

参加店舗や対象商品もすてきなイラストに

軽やかなコメントとともに掲載いただきました。

 

取材の際もふらっと駅に降り立ち、

案内人要らずで数日間、高崎を散策された

大川さん。

地元の私たちも気づかなかったような

スポットにも立ち寄られ、

そのプロフェッショナルな仕事ぶりにはひたすら

感服です。

 

私もこの誌面を手に、高崎をもう一度

歩いてみたくなりました。

 

今回の誌面は「機関車の街」と

もうひとつのテーマで構成されているのですが・・・。

そろそろ、そちらのお知らせも始めないと

いけない頃です。。。

 

 

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー

 http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/

 

muze-takat-12-630.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高崎駅東口から徒歩1分、

高崎市タワー美術館では9月30日まで、

「人間国宝 濱田庄司展」を開催中です。

 

20世紀を代表する陶芸家、

濱田庄司(1894~1978)が生み出した

使い手を意識しながらも高い創造性を

あわせ持ち、

大胆で力強い作品の数々、

またその軌跡を紹介しています。

 

詳しくは

◎高崎市タワー美術館

 http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/art_museum/t/

  高崎市タワー美術館「人間国宝 濱田庄司展」チラシ.pdf

kikansya120709-11.JPG kikansya120709-12.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

「機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー」では、

それぞれのお店で、機関車をモチーフにした商品を

ご用意いただいております。

 

高崎駅東口のイタリアンレストラン、

安心食材グラツィエさんの

「いかすみと県内野菜の彩りニョッキ」は

黒のニョッキが機関車、ほか4色のニョッキや

そえられた群馬産の野菜が上州の自然をイメージ

した見た目にも鮮やかな一皿です。

 

kikansya120709-13.JPG kikansya120709-14.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな同店から、対象商品の飲み物、サラダに加え、

お客さまへのサービスとしてプチドルチェを

提供いたします。

 

落ち着いた店内です。ゆったりランチをいただきたい

ときなどおすすめです。

 

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー

 グラツィエさんのページ

 http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/shop-02.html

 

 

 

 

kikansya120709-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

東京都千代田区平河町の都道府県会館8階、

群馬県東京事務所にて、

「機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー」の

紹介展示を行っています。

 

ポスターや機関車グッズ、また

スペースいっぱいに新旧の機関車だるまを

ずらりと並べました。

また、同会館の地下鉄からの連絡通路にも

ポスターを掲出しました。

 

kikansya120709-2.JPG kikansya120709-3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

群馬の夏の観光の新しい顔を、

ささやかながらPRしています。

機会がありましたらお立ち寄り下さい。

 

◎群馬県東京事務所

 http://www.pref.gunma.jp/01/p02110001.html

 

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー

 http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/

機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー

参加店舗の臨時営業、休業のおしらせです。

(7/6現在)

 

◎もぎたて完熟屋

 休業日は日祝日⇒水曜日に変更します

 

◎白金スラッシュカフェ

   7月11日(水)臨時休業

 

◎そば処きのえね

  7月19日(木)臨時休業

 

 

 

kikansya120705-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

高崎はきょうも蒸し暑い一日です。

そんななか、たくさんのお客さまに

「機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー」に

ご参加いただいております。

 

参加店舗の糀屋さんでは、お店に

お越しになった方へ

甘酒の試飲、糀たまり漬け試食、麦茶の提供

といったサービスをご用意しております。

 

kikansya120705-2.JPG kikansya120705-3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

糀屋さんの甘酒は酒粕を溶いたものではなく、

米と米こうじのみで作った天然の甘みの飲物です。

ビタミン、アミノ酸が豊富です。

この本来の甘酒は

江戸時代には夏の滋養として宿場町でふるまわれたと

いいます。

 

ここのところ空前の塩こうじブームが続いていますが、

やさしい甘味のこうじもぜひあじわってみては

いかがでしょうか?

 

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー 

 糀屋さんのページ

http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/shop-19.html

misatobb120705-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

箕郷梅林の中にある観光摘み取り園、

「カニ沢ブルーベリーの丘」。

関東平野を見わたせる自然豊かな丘に

ブルーベリー3,000本が自然栽培

されています。

 

misatobb120705-2.JPG misatobb120705-3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

7月下旬までのオープン予定、

9時から16時に開園しています。

地場農産物、加工品も販売しています。

ここ数日、団体のお客さまもたくさん

お越しになっています。

 

問合せは

高崎市役所箕郷支所産業課

027-371-9057

まで。

 

 

【機関車の街・高崎】"映画の街"とコラボする

kikansya120704-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「だるまの街」、「音楽の街」、「パスタの街」、

この街の文化シーンはいろんな表情を

見せます。

それから「映画の街」。

連日、市内のどこかに撮影隊が訪れ、

また映画好きな市民が始めた映画祭が

四半世紀も続いています。

そんな「映画の街」と「機関車の街」の

コラボレーションが、このスタンプラリーを

機に実現しました。

 

kikansya120704-2.jpg kikansya120704-3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

シネマテークたかさきでは、9月までに

スクリーンで機関車が映える

スタッフが厳選した映画作品を3本、

各1週づつ上映します。

 

 

スタンプは当日の鑑賞または前売券の

購入で押印します。

作品、上映時間等、くわしくはシネマテークたかさきまで

 

◎シネマテークたかさき

 http://takasaki-cc.jp/info/284364

 

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー

 http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/

kikansya120703-01.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年もこの「機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー」に

参加された方から、「今年のだるま、昨年と同じ?」といった

声が聞こえてきました。

 

実は今年の冬頃からのサンプル試作では、

上毛三山をイメージしたりショッキングピンクで塗ってみたり、

といろいろ作ってみたのですが結局、"黒"で落ち着きました。

 

昨年の機関車だるまと違う点を、写真を交えながら紹介します。

 

kikansya120703-02.JPG

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は2011年版です。

 

kikansya120703-04.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年は「デゴイチ」「シロクイチ」「デキ」と機関車の愛称を

筆書きしていた部分を機関車のマークにし、

スマートな印象になっています。

 

kikansya120703-05.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

また、だるまの背面には千社札風のシールが

貼られました。

達磨寺の祈願済みの札をヒントにしています。

 

kikansya120703-06.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれに付番されるシリアルナンバーは、

昨年は3種あわせた延べ番号でしたが、

今年は3種それぞれ1番から始まります。

また、作製した工房、または職人名も入っています。

 

kikansya120703-03.JPG

 

 

 

 

 

 

 

一見、同じに見えるだるまの顔ですが、工房や職人に

より微妙に異なります。

 

昨年「工房を知りたい」というご要望を寄せてくださった方が

さっそく今年もお越しになりました。

「あまりマニア心をあおらないで・・・」と

苦笑を交えながらおっしゃってました。すでに3個のだるまを

手にされていました。

 

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー

 http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/

【機関車の街・高崎】デゴイチ、車道を走る

slbus.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機関車ファンにはマストなスポットが高崎に またひとつ

増えました。

 

「機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー」参加施設

ホワイトイン高崎(白金スラッシュカフェ)さんに、

蒸気機関車の「デゴイチ」のラッピングをほどこした

送迎バスが登場です。

 

式場を利用される方の送迎に使われますが、 建物の

前に停まっていたりもします。

さっそく

スタンプラリーついでに記念撮影をしていく 方も

いらっしゃるとのこと。

 

高崎神社のとなり、披露宴会場でおなじみの

ホワイトイン高崎さんですが、

新郎新婦が鉄道ファンなら、

印象深いウェディングセレモニーを演出できそうです。

 

◎ホワイトイン高崎

 http://takasakijinja.or.jp/white-in/

 

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー

 http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/

【機関車の街・高崎】スタンプラリー、初日終了

kikansya120701-1.JPG kikansya120701-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

一年ぶりとなったSLのD51,C61による高崎駅からの

同時発車のこの時間、駅構内や沿線はまた多くの

鉄道ファンでにぎわいました。

 

日を同じくしてスタートしたのがわが

「機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー」です。

 

通常のスタート地点となる駅総合案内所に加え、

今日は改札前の通路に特設ブースを設置、

スタンプラリーの案内を行いました。

 

「今年もやるの?」と何名かから声をかけられました。

お知らせはまだまだ行き届いていないようです。

そんな方も「また頑張らないと・・・」とパンフレットを

手に街なかへと向かわれました。

 

終日、あいにくの雨に見舞われましたが、

150個のだるまがすでに贈呈されています。

 

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー

 http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/