2012年3月アーカイブ

gunmanomori120331-1.JPG gunmanomori120331-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

gunmanomori120331-3.JPG gunmanomori120331-4.JPG

高崎市綿貫町の群馬の森、

高崎駅東口から車で15分ほど、県立歴史博物館や

近代美術館があるこの広大なスペースは

地元の人たちの憩いの場です。

 

やっと訪れた暖かな陽気に誘われてか、

この週末も多くの家族の姿が見られました。

 

gunmanomori120331-5.JPG gunmanomori120331-6.JPG

 

 

 

 

 

 

 

gunmanomori120331-7.JPG gunmanomori120331-8.JPG  

ソメイヨシノの開花までにはもう少し待たなくては

ならなそうですが、

園内には白梅や菜の花、ヒガンザクラなどが

ところどころで花を咲かせています。

 

四季折々のうつろいの風景が楽しめる公園です。

 

 

【高崎・花だより2012春】進雄神社の梅いろいろ

susanou120328-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

高崎駅東口から車で10分弱、

柴崎町の進雄(すさのう)神社には

心落ち着けて散策できる庭園があります。

 

susanou120328-2.JPG susanou120328-3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

この時期は

紅白さまざまな種類の梅の花が

見ごろをむかえています。

 

susanou120328-4.JPG susanou120328-5.JPG

 

 

 

 

 

 

 

住宅街や国道に近いのに、

この神社の空間はひっそりとした時間と空気が

流れています。

梅の香りもほのかに漂います。

 

 

 

【高崎の梅2012】今週末は、高崎の梅林へ!(3/30)

ume120330-1.JPG ume120330-2.JPG

 

 

 

 

 

 

この週末は、ぜひ高崎の梅林、

箕郷梅林、榛名梅林におでかください!

昨日からの陽気で、一気に開花が進みました。

 

ume120330-3.JPG ume120330-4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

箕郷梅林は本日から見ごろ、

榛名梅林も5.6,分の咲きとなっています。

 

ume120330-5.JPG ume120330-6.JPG

 

 

 

 

 

 

 

会場では、梅干しなど加工品各種、

朝どりの野菜やイチゴなども販売中です。

春の気分も一気に上昇の本日です。

 

 

 

ume120329-1.JPG ume120329-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ume120329-3.JPG ume120329-4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

この暖かさで高崎の梅林も開花が進んでいます。

箕郷梅林、本日3、4分咲きです。

 

直売所スタッフも笑顔をのぞかせます。

この暖かさ、続いてほしい!!!

 

 

xmasrose120329-1.JPG xmasrose120329-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

開花が遅れていた榛名梅林も、この陽気で

だいぶ開花が進んでます。

梅林からも近い、高崎クリスマスローズガーデン、

先日地元紙でも紹介いただいたこともあり、

にぎわってます。

xmasrose120329-3.JPG xmasrose120329-4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

まさに今が見ごろ。

アシュウッド、スノードロップ、ネオン、チベタヌス

コウム、ナーセリーといった

各種クリスマスローズに

緩やかな丘を散策しながら出会えます。

 

xmasrose120329-5.JPG xmasrose120329-6.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ログハウスのとなりではフクジュソウが、

またガーデンへの道中では紅白の梅、

サンシュユも楽しめます。

 

ガーデンでは鉢植えも即売しています。

お気に入りの鉢を購入され、満足げに

両手に携えて帰っていかれるお客さんと

すれ違いました。

丘からもその可憐な美しさに歓声が

漏れるのが聞こえてきます。

 

xmasrose120329-7.JPG xmasrose120329-8.JPG

 

 

 

hananooka120329-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

少林山達磨寺から南へ、

鼻高展望花の丘の本日の様子です。

 

hananooka120329-2.JPG

hananooka120329-3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

毎年4月中旬から菜の花祭り(今年は14日から)が

行われるこの丘ですが、スタッフの方に伺ったところ

今年は遅れ気味、4月下旬あたりからが見ごろ

だろうとのこと。

右の写真は丘の一部で咲いている様子。

さっそくミツバチの羽音がカメラの脇で聞こえてきます。

 

hananooka120329-4.JPG hananooka120329-5.JPG

 

 

 

 

 

 

 

シバザクラは通路沿いの数株が花を付けていました。

チューリップもまだ先のようです。

 

ただ菜の花は成長の早い植物。気候しだいでは

一気に育つかもしれない、と春の陽気への期待の

声も伺いました。

 

katakuri120329-0.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

演技だるま発祥のお寺、高崎市鼻高町の

少林山達磨寺では、

カタクリの花が見ごろを迎えています。

 

katakuri120329-1.JPG katakuri120329-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

本堂の前の庭園にて。

駐車場から長い石段を登りきって、

左手奥の一角の、

春の淡い紫色が目を惹きます。

 

katakuri120329-3.JPG katakuri120329-4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今日の高崎はこの春いちばんの暖かさ。

風もなく穏やかな午前です。

丘からはウグイスの鳴き声が

聞こえてきました。

 

 

jousi120328-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

群馬音楽センターがある高崎城址公園、

櫓のとなりのこの1本は一見、桜のように

見えますが、

 

jousi120328-2.JPG jousi120328-3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

アンズです。

今日も街歩きのハイカーの方が足を止めて

携帯カメラで撮影していました。

 

jousi120328-4.JPG jousi120328-5.JPG

 

 

 

 

 

 

 

お堀の桜の枝は、まだこんな感じ、

つぼみはまだ固そうです。

 

jousi120328-8.JPG jousi120328-9.JPG

 

 

 

 

 

 

 

高崎市のシンボル、ハクモクレンも

開花にはもう少しかかりそうです。

 

jousi120328-6.JPG jousi120328-7.JPG

 

 

 

 

 

 

 

シンフォニーホール前のヒガンザクラは

咲き始めていました。

 

演奏会の練習でしょうか、

その脇をヴァイオリンケースを抱えた

群響の楽員さんが通り過ぎて行きました。

 

 

jigenji120328-1.JPG jigenji120328-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

しだれ桜の名所、高崎市下滝町の慈眼寺。

例年だとそろそろ見ごろを迎える時期ですが、

今年はだいぶ開花が遅れています。

まだすべてつぼみです。

 

 

jigenji120328-3.JPG jigenji120328-4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

そんななか、境内ではサンシュユの

黄色い花が目を惹きます。

 

jigenji120328-5.JPG jigenji120328-6.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今朝も数組の家族が見学にお越しになっていました。

数本の梅は満開です。

 

なお、恒例のライトアップは今シーズンは行われません。

 

詳しくは 慈眼寺HP

http://www.takijigenji.or.jp/index.html

 

 

ume120328-1.jpg ume120328-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

高崎市の箕郷梅林、榛名梅林、

本日は白梅2、3分咲きとなりました。

 

ume120328-3.jpg ume120328-4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

みさと梅まつりは4/8(日)まで延長されます。

会場では野菜や梅の苗、季節の花も販売

しています。

 

ume120328-5.jpg ume120328-6.jpg

 

 

つくし、見つけました

tsukushi1203-1.JPG tsukushi1203-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

郊外の道ばたで、思いがけずに見つけた

つくしんぼ。

 

いよいよ春、到来です。

そんな季節の風景を、探しに出かけてみたいと

思います。

 

 

 

 

ume120326.JPG ume120326 (1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

ume120326 (2).JPG ume120326 (3).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の箕郷梅林の様子です。

なんとか2分咲きになりました。

 

3月下旬までの予定だった「みさと梅まつり」ですが、

4月8日(日)まで延長となりました。

 

 

 

 

【高崎の梅2012】箕郷梅林、今日もまだ一分 (3/23)

ume120323-1.JPG ume120323-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

南日本からは桜のたよりも聞こえてきますが、

高崎の梅林、まだ1分程度の咲き具合です。

 

左上写真は白梅でも比較的咲いている木、

おおむね右上のような感じです。

 

例年なら梅から次々へと春の花の開花リレーを

お伝えできる頃なのですが・・・。

 

ume120323-3.JPG ume120323-4.JPG

ume120321-1.jpg ume120321-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

例年になく、毎日の天気予報の気温情報に

気を揉みます。

 

ume120321-3.jpg ume120321-4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

朝からも何本もお問い合せをいただいている高崎の梅林の

咲きぐあいですが、

箕郷は白梅は一分、(紅梅は7、8分)、榛名は咲き始め

といったところです。

 

ume120321-6.jpg ume120321- 5.jpg

 

kamakurakaidou.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高崎市上滝町の高崎市歴史民俗資料館では、

3月20日(火)から4月22日(日)まで、企画展

『幻の鎌倉街道上道』を開催します。

 

鎌倉幕府は「いざ」というときのために、関東の

御家人をできるだけ早く集められるよう、

鎌倉と各地を放射状に結ぶ軍事道路を作りました。

この道が近世になって「鎌倉街道」と呼ばれ、のちの

高崎の交通拠点性の礎となりました。

 

企画展では関連に行事として史跡めぐりも予定されて

います。

 

詳しくは↓

幻の鎌倉街道上道 ちらし.pdf

チェコ・プルゼニ市の映画監督がプレゼン

zense01.JPG zense02.JPG

 

 

 

 

 

 

 

zense03.JPG zense04.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

高崎市と姉妹都市を結ぶチェコ共和国・プルゼニ市から

映画監督のアントニーン・プロハースカさんがお越しに

なりました。

 

プロハースカさんは2001年、劇団俳優として初来日、

その時の高崎滞在に受けたインパクトから、

ここ数年日本とチェコを舞台にした映画作品の撮影に

取り組んでいます。

 

今日は、チェコ大使館に先立ちロケ地である高崎で

予告編のプレゼンテーションを行いました。

叶わぬ「夢」をテーマに不器用な男をシニカルに

描いた作品。

 

榛名神社や高崎でであった人形劇師との交遊など、

この街の風景が随所に散りばめられています。

公開は2014年の予定。

 

 

 

 

 

【Welcome to Museum!】第8回日本絹の里『工芸展』

2012kougeiten.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高崎市金古町の群馬県立日本絹の里にて、

明日、3月18日(日)から4月16日(月)まで、

『第13回 群馬の絹展』が開催されます。

 

蚕糸絹業に関わる情報発信拠点である同館が

おこなう恒例展示で、

 

絹や繭などの素材を活かした作品を制作している

工芸作家と日本絹の里友の会会員の作品を

展示するものです。

 

期間中、工芸品即売会や週末には組ひもの各種

体験教室も予定されています。

 

詳しくは 日本絹の里

http://www.nippon-kinunosato.or.jp/

第8回日本絹の里工芸展ちらし.pdf

【高崎の梅2012】中には一分咲きの木も (3/15)

ume120316-1.JPG ume120316-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

ume120316-3.JPG ume120316-4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末の高崎の箕郷、榛名の各梅林はまだ

見ごろを迎えられなそうです。

 

こちらは箕郷梅林・善地の様子。

白梅は木によっては一分咲き、といった感じです。

 

会場では梅ジュースや梅干しを販売しています。

 

 

 

中国・北京の旅行会社の皆さんをお迎えしました

china10315-1.JPG china10315-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

高崎の観光も、ささやかにではありますが

新たな動きを始めています。

観光分野での連携を進めている新潟市さんの

ご協力により、中国・北京の旅行会社の皆さん

6名を昨日お迎えしました。

 

china10315-3.JPG china10315-4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

一行は北京で旅行企画を行う最前線のスタッフの

皆さん。

成田から北陸方面の途中でもアクセス良好な高崎での

観光スポットをご案内しました。

高崎だるまの工房では、ひと通りの説明のあと絵付けに

チャレンジ。

成田空港からはじめの立ち寄りでしたが、慣れないながらも

張り子に筆を走らせるうちに、ビジネスの顔がだんだん和らぎ

予定時間を大幅に越えての滞在となりました。

 

こちらのPRポイントは

「高崎に是非来て下さい」でなくて「もしよかったら寄ってください」。

通訳を介して伝えられるそんな控えめな言葉に、笑顔の皆さん

でした。

 

中国の方に、高崎だるまの「赤」は思いのほか人気です。

それなら高崎パスタ、トマトソーススパゲッティの「赤」や

芝桜の「赤」もおすすめしたいところでしたが、、、、

 

あせらずじっくり、海外からのお客さまにも喜んでいただける

観光素材を、これから吟味していく予定です。

 

 

【染料植物園だより】梅は咲いたか?

senryou120315-1 ume.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今年は榛名山麓の梅林も開花が大幅に遅れ気味、

もうお越しになる予定を立ててしまった方には

こちら、染料植物園へのお立ち寄りをおすすめします。

白梅、咲いてます。

 

senryou120315-2 sansyuu.JPG

 

 

 

 

 

 

 

サンシュウ、咲いてます。

 

senryou120315-3 dankoubai.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ダンコウバイ、こんな感じです。

 

senryou120315-4 roubai.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ロウバイ、咲いてます。

 

senryou120315-5 kankoubai.JPG

 

 

 

 

 

 

 

寒紅梅、咲いてます。

 

senryou120315-6 kagoshimabeni.JPG

 

 

 

 

 

 

 

鹿児島紅、咲いてます。

 

いかがですか?

皆さまのお越しを、お待ちしております!

 

3/31(土)まで「草木染の美・春・日本染織文化史」を開催しています。

http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/senryou/

 

 

【春の訪れ2012】群馬交響楽団 2012/2013プログラム

gso201213.JPG

 

 

 

 

 

 

 

先日紹介した高崎映画祭プログラムと並び、

高崎に春の訪れを告げるのが

群馬交響楽団定期演奏会の新シーズンプログラム

です。

 

2012/2013シーズンは、

芸術アドヴァイザーの沼尻竜典さんによるマーラーを

はじめ、豪華なソリスト陣による魅力的な内容です。

 

詳しくは、群馬交響楽団HPをご覧下さい。

http://gunkyo.com/

 

 

hon120313.JPG『明治めちゃくちゃ物語 勝海舟の腹芸』

野口武彦著

新潮新書(2012/02) 740円

 

 

 

 

 

「平成」のいまにあっても、本日の新聞、TV、

雑誌中刷りでも「維新」の2文字をそこかしこに見つける

のは世の混乱を映し出しているのか、

 

帯には「政権交代で大混乱!」というフレーズ、

あと数年早くこの本が出ていれば、尊敬する幕末の

人物に「勝海舟」を挙げる方がどれほど減ったことだろう。

 

この定理で明治維新は読み解ける、と著者が挙げる

のは

①権力者は等身大である(維新の功臣、明治の賊将)

②敵と味方は互換的である(昨日の友は今日の敵)

③支配と被支配は可逆的である(勝てば官軍、負ければ賊軍)

の3点。

 

この②と③の点で、高崎・倉渕(旧・上州権田村)ゆかりの

小栗上野介忠順が同書にも登場する。著者は小栗の無念さを

この文脈のなかで好意的に、さらりと記している。

 

「教科書にない」というこの本のふれ込みのとおり、

いわゆる"傑物ぞろいの維新の志士"が奏でる幻想狂詩曲。

 

100年後の新潮新書「平成めちゃくちゃ物語」も、

すでにそんなエピソードのは事欠かかなそうだ。

 

「とにかく落ち着いて行動を」と私たちに促しながら

もっとも混乱してた人、ほか、出演者多数。

そう、私たちもいま、動きゆく歴史の流れの

真っ只中にいる!

 

 

hakkentour120310-1.JPG hakkentour120310-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

市街地では肌寒い雨が一日中続いた3月10日(土)、

「たかさきまるごと発見バスツアー」

~梅にクリスマスローズ・おきりこみコース~ が

開催されました。

 

はじめに訪問した箕郷梅林では、

今年は開花が遅れており咲き始め、紅梅は4分咲き。

少々残念・・・といった車中、お客さまを思わぬ演出が

よろこばせました。

倉渕に着くころには大雪です。山麓一面、真っ白な

風景に、市内ながら旅情をかき立てられます。

 

hakkentour120310-3.JPG hakkentour120310-4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

冷え切ったからだをまずは食事で温めて、

郷土料理、"おっきり込み"を一緒に手づくり、

その後は山荘自慢の温泉にゆっくり浸かりました。

 

hakkentour120310-5.JPG hakkentour120310-6.JPG

 

 

 

 

 

 

 

多くの皆さまが楽しみにしていたのが、

すでに県外からも多くのお客さまが訪れている、

冬の花のスポット、

榛名・富久樹園の「高崎クリスマスローズガーデン」です。

 

春の雨にしっとりとぬれたクリスマスローズの丘を散策、

温室では鉢植えの買物をします。

また、ログハウスカフェでは淹れ立てのコーヒーと

スイーツ、この日はロールケーキでした。

 

今回も定員の3倍の申込みがあったツアーは、

高崎観光ガイドの会の主催・案内で行われています。

お客さまからいただいたアンケート結果は、

都内旅行エージェントへの団体旅行用素材として

活用しています。

また今回も、高崎の素材に自信を持てた、

そんな一日となりました。

 

 

 

gso2012-3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、少女の描かれた一枚の絵画を前に、

ある人は亡き娘を想い起こすかもしれませんし、

和やかな夕食の光景を思い浮かべるかもしれません。

 

ひとつの作品から各々の無限の想像をかき立てられる、

それが芸術作品の持つ力なのではないでしょうか。

 

今月17日の群馬交響楽団定期演奏会では、

ニコラス・ミルトンの指揮でラヴェルの《シェラザード》、

ベルリオーズの《幻想交響曲》といった

標題性の高い作品が演奏されます。

 

ベルリオーズの交響曲は、

「恋の悩みから絶望した芸術家がアヘン自殺を図るが、

服用量が少なすぎて死にいたらず、奇怪な幻想を見る」

という物語に基づき、各楽章にはそれぞれの場面が

描かれます。

 

ここ数日、演奏会の予習を兼ねて、自宅で流している

この曲ですが、終楽章の「ワルプルギスの悪夢」で

私の頭の中に浮かぶのは、あのおぞましい光景です。

 

この楽章が始まり、嵐のようなうねる旋律がひと段落すると、

一瞬の静寂の後に鳴らされる鐘、チャイムの音に、

呼吸が止まる思いがします。

 

鐘はその後、同じ音形で強弱を変えながら無表情に30回ほど

叩かれます。

その背景では打楽器群や弦楽器の低音が、うごめく雑音を

デモーニッシュに這い鳴らしながら

高音の弦楽器、管楽器を飲み込むように勢いを増し、

流れ寄せてきます。

 

この曲を初めて聴いてから四半世紀になりますが、

こんなにも不気味に、リアルにこの楽章を受け止めたことは

ありませんでした。

それは、確かにワルプルギスの晩に芸術家が朦朧とした

眠りの中で見た悪夢の一場面だったに違いありません。

 

第480回 群馬交響楽団定期演奏会(2012年3月)チラシPDF.pdf

 

 

 

【高崎の梅2012】白梅は咲き始め (3/8)

ume120309-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ数日、たくさんの問い合わせをいただいている

高崎の梅、箕郷梅林と榛名梅林ですが、

箕郷梅林は白梅が咲き始め、紅梅は3-4分咲き、

榛名梅林はまだつぼみです。

 

ume120309-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は箕郷梅林梅まつり善地会場にて。

例年ならほとんどの枝が冒頭の一枚のように

開花しているのですが、日あたりのよい南面の

一本です。

 

ume120309-3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の高崎は肌寒さを感じる雨が降り続いています。

ろうばいがしっとりと雫を落としてました。

 

ume120309-4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

この丘が一面に広がる、淡く白い絨毯のような

風景を見せてくれるまでは、もう少し待たないと

いけなそうです。

 

 

 

haniwatachi12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高崎市井出町の上毛里はにわの里公園内、

かみつけの里博物館では3月11日(日)~5月20日(日)まで、

企画展『保渡田Ⅶ遺跡の埴輪たち』を開催します。

 

人気かどうかは別として、年明けから群馬(または群馬県)では

古墳が話題です。この(来るかはまだわからないけど)流行に

乗り遅れないためにも、出かけてみてはいかがでしょうか?

 

 

詳しくは

◎かみつけの里博物館HP

 http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/kamihaku/

 かみつけの里博物館企画展『埴輪たち』ちらし.pdf

京都から舞妓さんがお越しになりました

daikyoutoten2012-1.JPG daikyoutoten2012-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ただいま高崎スズラン百貨店では、『第8回大京都展』を

開催しています。

さきほど、この物産展のPRに、京都宮川町舞妓のふく鈴さんと

いし初の女将さん、京都名店会の中嶋さんがお越しになりました。

 

観光協会フロアで物産展を紹介、高崎市の松本副市長を

表敬訪問されました。

 

daikyoutoten2012-3.JPG daikyoutoten2012-4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

京都からの皆さんの話されるみやびやか雰囲気に

一同うっとりしてました。

 

『第8回大京都展』は13日(火)まで、9日(金)には

舞妓さんによる京舞披露と記念撮影会が行われます。

 

 

120308meeting-1.JPG 120308meeting-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年から、高崎商科大学、高崎経済大学の学生さんたちと

地元の観光資源の活用についていっしょに考えてます。

 

今年の初秋にむけて、彼らにとっては実践の場、

また観光協会はじめ街づくり関係の私たちにとっては

新たなおもてなし事業の準備が、着々と進められてます。

 

昨晩も、観光振興やマーケティングを学ぶ

両大学の学生さんと、関係者を交えての

ミーティングが行われました。彼らといっしょの時間を

すごせるのを、毎回とても楽しみにしてます。

 

若い、ってやっぱりすごいですね!

長くこういう仕事している者にとっても気づかないことや

忘れかけてたことなど、ストレートに指摘してくれます。

 

それから、何より頼もしいのは、

どこかの真似じゃなくって新しいこと、

とにかくお客さんを驚かせたいこと、

多くの人を巻き込んで盛り上げたいこと、

そんなことを頼もしくも、憎らしいまでに意識してます。

 

もう一点、

高崎のことを、わが町というだけでなくて、

群馬の玄関口、それから西上州のなかの高崎、

として考えてます。

そういう姿勢に、学ぶことも多く、昨晩も充実した議論と

これからの課題をリストアップして、会議が終了しました。

 

120308meeting-3.JPG 120308meeting-4.JPG

haruichi12.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

中国地方には昨日訪れたとのことですが、

「春一番」、群馬はまだのようです。

 

この季節の変わり目を告げる風が吹くと、

旧中山道沿いの染物工房の屋上の物干し台に

春柄の色鮮やかな手ぬぐいがそよぎます。

 

「春一番手ぬぐい」。

今年の新柄、まさに今、旬なこの街の一品です。

 

◎中村染工場

 http://www.nakamura-some.com/

 

haruichi12-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

※写真は2010年の春一番の頃のものです

メニューの多い料理店

玉子丼、親子丼、天津丼に卵とじ丼、

下の段を見ると

焼肉定食にしょうが焼き定食、ポークソテー定食、

うどん、そば、ラーメン、それぞれ各種、、、

時にはそういうお店を選びたくなることもありますが、

ここぞという時なら

「オムライスがおいしい」お店、

「ここしかないパスタソースが味わえる」お店

みたいな店主の心意気が伝わるお店をを選びます。

 

メニューが多いのも結構かもしれませんが、

私には何かググッとこないんです。

 

明日が提出期限の調査書類の作成が進みません。

依頼された方は、多分、前者のような嗜好なんでしょう。

どうやら、

期限には間に合いそうにもありません・・・。

 

 

【春の訪れ2012】第26回高崎映画祭

tf2012.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

この街に、春の訪れを告げるのは、

公園や山麓の草木ばかりではありません。

 

最近では花粉が先か、こちらが先か、という

くらいに、街なかにいっせいにポスターが

貼りだされ、

商店やコンビニの店頭にプログラムが並ぶ、

街の日常のなかの春の風物詩が

『高崎映画祭』です。

 

3/24(土)から 4/8(日)までの16日間に

今回は全65作品を上映。

街なかには県内外からの映画ファンが

あふれます。

そんな方々に映画 +α な企画、

シネマティックライブやロケ地めぐりツアー、

飲食店でのサービス などなど

多数用意されてます。

 

詳しくは映画祭HPへ、じっくり見入ってしまうこと

必至なので、お時間あるときアクセスを!

http://www.wind.ne.jp/tff/2012/

 

【Welcome to Museum!】日本絹の里『第13回 群馬の絹展』

高崎市金古町の群馬県立日本絹の里にて、

3月9日(金)から3月14日(水)まで、

『第13回 群馬の絹展』が開催されます。

gunmakinu201203.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

"絹の郷"として歴史と伝統を培ってきた群馬県。

この恒例の展示会では、絹織物、ニットなどの

各種絹製品をはじめ

工芸品、生糸や絹糸の実物を展示。

今回は特別企画としてNHK朝ドラ『カーネーション』で

ヒロインの糸子がまとっていたものと同じ柄の

伊勢崎銘仙もご覧いただけます。

 

さらに

絹製品作り、着物着付け、座繰り実演など

体験イベントも豊富に用意。

ぐんまオリジナル絹製品の販売も行われます。

 

詳しくは 日本絹の里

http://www.nippon-kinunosato.or.jp/

日本絹の里『第13回群馬の絹展』ちらし.pdf