2014年2月アーカイブ

2月3日は節分の豆まき!

節分の行事は冬から春への節目となる日(2月3日)に「鬼は外、福は内」のかけ声で、災いをはらい、福を呼び込むものとして豆まきが行われています。

市内のお寺や神社などでも節分の豆まき行事が行われ多くの人で賑わっていました。(2つの場所をご紹介します)

仁叟寺(じんそうじ)(吉井町神保)

名称は天祐山公田院仁叟寺で宗派は曹洞宗のお寺で、仁叟寺四つの五百年(500年の歴史を有する寺宝)として、本堂、本尊釈迦如来、初代住職お手植えのカヤの木、天宮の古井戸があります。

≪大節分会≫2月3日が文殊菩薩様の縁日であり、これも併せて文殊堂舞台で午後1時から3回の豆まきが行われました。

IMG_0841.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大節分会の様子 

 

 

 

IMG_0835.JPG IMG_0836.JPGのサムネール画像

 

          山門                     鐘楼堂

 

仁叟寺HPURL http://jinsouji.net/

 

 

◎山名八幡宮(山名町)

12世紀より続く安産や子育ての神社として称えられてきており、春大祭(415日)、秋大祭(1015日)、七五三時期には子供達で賑わいます。

≪節分祭≫2月3日午後3時から追儺式(ついなしき)として幼稚園児などが神楽殿から豆まきを行いました。

IMG_0846.JPGのサムネール画像 IMG_0852.JPGのサムネール画像

 

山名八幡宮HPURL  http://yamana8.net/index.html

高崎市染料植物園の福寿草

花の少ないこの時期ですが高崎市染料植物園では、福寿草が1000株(1万芽)が植栽されており、

日当たりのよいところから咲き始め冬枯れの園内を暖かく染め始めました。

DSC_0309.jpg DSC_0299.jpg

 

 

 

 

 

 

福寿草は寒くても日がよく当たると花を開きます。

曇ったり雨が降ると花は閉じてしまいます。

よく晴れた日の午前11時頃から午後2時くらいが見ごろになります。

園内のロウバイも見ごろを迎えよい香りがただよっています。

DSC_0320.jpg

 

 

 

 

 

 

 染料植物園ご案内http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/senryou/