2011年7月アーカイブ

【里山の風景2011】小川のほとりの小さな花畑

sato110727-1.JPG sato110727-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

群馬の東西に長細く広がる高崎、

西に40分ほど車を走らせると、倉渕地域。

長閑な里山の風景が広がります。

 

棚田の写真を撮りたくて散策していると、

小川のとなりにこじんまりとよく手入れされた

花畑を見つけました。

 

ホタルの生息地もこのあたりだそうです。

 

真夏の金曜の夜の音楽会。自然のメロディ溢れる空間に浸って

みませんか?

高崎シティギャラリー・コアホールで開催される連続コンサート

「高崎五夜シリーズ」10シーズン目の第2夜は、

  尺八・横笛演奏家の 柴田旺山さんが登場します。

国内はもちろん海外でも高い評価を得ている「竹の音楽家」。

演奏のジャンルは伝統民謡から慣れ親しい現代作品のカバー

と幅広く、多くの方に楽しんでいただけるコンサートです。

 

竹楽器ならではのしなやかでたくましいサウンドを、

ぜひご堪能ください。

日 時 平成23年7月29日(金) 18:30開場/19:00開演

会 場 高崎シティギャラリーコアホール

料 金 全席自由2,500円

曲 目 島唄、童神~天の子守唄

     花~すべての人の心に花を、もののけ姫    

     ジュピター、讃歌~Will(オリジナル曲) ほか


 

take110729-1.jpg take110729-2.jpg  

 

 

senryou1108summer-1.jpg senryou1108summer-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

四季折々の草花が鑑賞できる、高崎市染料植物園の

収蔵品展「草木染の美・夏 日本染織文化史」のご案内です。

日本の染色文化史に沿って、冠位十二階制を始めとする服色や

王朝の彩色など、古代染織から現代に至る各時代の色の再現や、

創作による染織品が展示されています。


 

入館料 一般 100円(80円)  大高生 80円(50円)

収蔵品展「草木染の美・夏 日本染織文化史」

会期:開催中~8月5日(金)

収蔵品展「草木染の美・秋 日本染織文化史」

会期:8月6日(土)~10月10日(祝)

会場 高崎市染料植物園・染色工芸館

時間 午前9時~午後4時30分

   8月までの土・日・祝日は、午前9時~午後6時

   (最終入園・入館は、閉館の30分前まで)

休館日 月曜日・祝日の翌日


 

観音山丘陵の真夏の自然に囲まれた展示スペースで、

ゆっくり過ごしてみてはいかがですが?

今回開催のガイド付きまち歩きとは...

「高崎市内のまち歩き体験の特別版として、高崎駅周辺の市街地にある神社仏閣や老舗、

 歴史的景観などをガイド付きで巡るまち歩き」のことです。

群馬デスティネーションキャンペーンの特別企画として、7/23(土)からいよいよスタートし

ました。

コース内容は...

 ◆ 高崎駅(スタート) ⇒ 頼政神社 ⇒ 高崎城址 ⇒ 諏訪神社 ⇒ 長松寺 ⇒

   本町(水村園)⇒ 金澤屋 ⇒ 糀屋 ⇒ 大信寺 ⇒ 高崎駅(ゴール)

と歩く距離は4~5km、所要時間も3~4時間目安と半日遊ぶのに丁度良いものとなって

います。

また、チョッとした休憩サービスもあり、新たな味の発見も魅力の一つです。

そのサービスについては、参加してみてのお楽しみということで...。

また、今回参加された方は、お一人の方からグループ・親子でと様々でした。

今週末も開催されますので、是非参加してみはいかがでしょうか?

詳細は、高崎市ホームページ「群馬デスティネーションキャンペーン期間のイベント」
http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/kankou/dc-info.htmにアクセスください。

m-aruki01.JPG

 

 

 

 

 

 

 

m-aruki02.JPG m-aruki03.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

m-aruki04.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

fruit110723-1.JPG fruit110723-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

国道406号線沿い、高崎市里見地区のくだもの街道では、

営業をはじめた直売所はまだまばらです。

例年より10日ほど、収穫時期が遅くなっているとのこと。

 

そんななか、丘の上の農園で早生のプラムを売っていました。

まだ甘酸っぱい早生の品種。

もう少しすると甘くなるんだけど、と園主さんが話していました。

 

 

 

 

ryou110722-1.JPG ryou110722-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

高原の涼風に誘われて榛名湖畔へ出かけてみました。

日中の市街地との気温差は7~8度。

車から降りると、ひんやり爽やかな空気が肌を撫でました。

県内ナンバーもこの時期にしては多く見かけます。

湖畔に駐車してウィンドウを前回に、シートを倒して午睡して

いる方もいらっしゃいます。

 

ryou110722-3.JPG ryou110722-4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ユウスゲも見頃ですが写真を撮り逃がしました。

ところどころにホタルブクロが咲いていました。

 

国内ではめずらしい湖に生息するホタルが榛名湖では

今週いっぱい、夜空をそっと明るくします。

 

 

 

 

ninjo1107-1.JPG ninjo1107-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

毎月第4日曜日に高崎市高松町のもてなし広場ほかで

開催される「ようこそ高崎人情市」、

今月7月の第144回は23日(土)と24日(日)の2日間の開催、

またまたボリューム満載です!

 

今回の目玉は23日(土)16時からの納涼映画祭。

家族で楽しめる『アイスエイジ3』を上映します。

 

せひお出かけ下さい!

人情市オフィシャルブログは↓

http://ninjou.gunmablog.net/

 

【たかさき珍訪録4】男根岩 (榛名神社裏口)

chin110721-1.JPG chin110721-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

この連載タイトル【たかさき珍訪録】は、今回の物件の紹介を前提に

はじめたといっても過言ではない。しかし、いつにするかは決め兼ねて

いた。本日が今年の土用丑の日ということもあり、アップを決めた。

 

榛名神社から榛名湖へと登りきる車道の左手に突如、御姿をあらわす

のがこの「男根岩」である。

岩の根元に設置された看板によると、子授け、安産、下の病等の祈願に

効験があるらしい。

 

この写真は4月下旬したもの。

巨岩の全貌を確かめたければ秋~春先がよい。真夏の、雑草が生い茂り

蔓が幾重にも巻きついた姿もまた霊験あらたかな、思わず手を合わせたく

なるいでたちだ。

「剣崎桃」の品評会、明日即売も

momo110721-1.JPG momo110721-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

momo110721-3.JPG momo110721-4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

高崎市街地から西に車で15分ほどにある八幡地区は桃の産地。

同地の1400年前の古墳からも、桃の種が発掘されるほどです。

 

そんな剣崎桃の品評会が、本日、JA高崎の主催により高崎市役所

1階ロビーで開催されています。

新鮮で甘やかな香りがただよう会場、展示品の販売は明日22日

9:30~行われます。

 

【高崎まつり2011】高崎駅に巨大だるま設置

ekidaruma110721-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ来月6、7日に迫ってきた「高崎まつり」のPRのため、

JR高崎駅コンコースに巨大だるまを設置しました。

同駅のご配慮で、高崎駅の東西口をつなぐ通路のど真ん中

に鎮座しただるまさんです。

高崎まつり、詳細情報は専用HPでどうぞ。

http://www.takasaki-matsuri.jp/37/

 

ekidaruma110721-2.JPG ekidaruma110721-3.JPG

 

東北宮城における古典芸術文化復興を願って、高崎シティギャラリーコアホールで開催されるチャリティイベント「能のある空間」まで後2日と迫りました。
 
講師に東北仙台を拠点として活躍される観世流能楽師 山中ガ(ガは「しんにょう」に「牙」)晶氏を迎え、能の解説や所作・笛の実演など、舞台上だけでなくロビーにおいても装束等を間近に拝見できますので、初めての方が能に親しむには、絶好の機会です。


そして、参加費は無料となっています。

7月15日で受付を終了しましたが、まだ若干の余裕はあるようですので、当日おでかけしてはいかがでしょうか?
 
詳しくは、
http://takasaki-nou.jp/p001/にアクセスしてください。    
   

 
 

kabuto110717-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年は海外のニュースでも紹介された高崎の街なかイベント。

中部名店街主催の"かぶと虫イベント"が明日まで

さやもーるで開催中です。

 

ビルに囲まれた商店街で"昆虫採集"、

とった虫で"新日本虫プロレス"

伝説の地元グルメ"「まも」のやきそば"復活

ほか盛りだくさんの内容。

昼市も同時開催しています。

 

このイベントをやっていると、カブト虫は街路樹でも

育つんだと信じてしまうお子さんもいらっしゃるとか・・・

 

kabuto110717-2.JPG kabuto110717-3.JPG

kamitsuke110716.jpg

 

 

 

 

 

 

 

高崎市井出町の上毛里はにわの里公園内、かみつけの里博物館では

夏休み恒例の古代体験メニューを7月16日(土)~8月28日(日)まで

開催します。

 

古代の東日本で、この地が意味深い場所だったことを偲ばせる古墳群に

囲まれた博物館では、

勾玉などのアクセサリーづくりや紙を使って金の靴を作れる「毎日メニュー」

のほか、予約制でミニ埴輪、植物染めが体験できます。

 

詳しくは

◎かみつけの里博物館HP

 http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/kamihaku/

  わくわく古代体験'11 ちらしPDF.pdf

bunmei110716.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高崎市保渡田町の県立土屋文明記念文学館にて、あす7月16日(土)

から9月19日(日)まで、

第73回企画展「『童謡のふるさと』石原和三郎の世界」が開催されます。

 

群馬県みどり市出身の石原和三郎が有名な童謡「うさぎとかめ」を作詞

発表して110年。

 

この企画展では幅広い分野で精力的な活動を展開した和三郎の生涯

やその仕事を紹介、

またワークショップや講演会も開催されます。

 

詳しくは土屋文明記念文学館HP

http://www.bungaku.pref.gunma.jp/

童謡のふるさと ちらしPDF.pdf

 

rekihaku110716.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高崎市綿貫町の群馬県立歴史博物館にて、7月16日(土)から

9月18日(日)まで、第92回企画展『関東戦国の大乱 ~享徳の乱、

東国の30年戦争』が開催されます。

 

「戦国は関東からはじまった!」

京都の応仁の乱に先行して関東で始まった戦国時代、これが

享徳の乱といわれる30年間にわたる騒乱です。

この企画展では群馬県に関する資料を中心に享徳の乱を取り

上げます。

 

地元群馬の歴史をじっくり紐解くなら、この夏はチャンスです。

県内10箇所の資料館、歴史館では同展サテライト会場として

古代から中世までの企画展を同時開催しています。

 

詳しくは 群馬県立歴史博物館HP

http://www.grekisi.gsn.ed.jp/

関東戦国の大乱 ちらしPDF.pdf

kinu110716.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高崎市金古町の「日本絹の里」では、7月16日(土)~8月29日(月)まで

夏休みこども展『カイコと昆虫たちの大変身 -さなぎから成虫へ-』が

開催されます。

 

カイコの飼い方をはじめ、珍しい色のカイコの紹介、遺伝子組み換えカイコの

絹糸でできた光るドレスの展示、

桑くれや座繰り、まゆかき、といった体験などとにかく豊富な内容が用意され

ています。

 

詳しくは 日本絹の里

http://www.nippon-kinunosato.or.jp/

カイコと昆虫たちの大変身 ちらしPDF(表面).pdf

カイコと昆虫たちの大変身 ちらしPDF(裏面).pdf

嵐効果に期待!高崎の手づくり「招き猫」

manekineko2011takasaki.JPG

 

 

 

 

 

 

 

5人組の人気アイドルグループ「嵐」の観光PRフィルムが話題です。

 

震災で減少した外国人観光客の回復を図るため、

「観光立国ナビゲーター」に就任した嵐の皆さんが、日本各地を訪れ

決めるポーズが「招き猫」。

 

「ニャー」とささやきながら決める招き猫の、左手が挙がっている理由

はご存知ですか?

 

招き猫でも右手を挙げている猫は『商売繁盛』、一方で左手を挙げて

いる猫は『千客万来』が叶う、といわれています。

 

そんな日本古来の縁起もののマスコットの招き猫ですが、高崎で1軒、

張り子の招き猫を作っている工房がだるまの産地、下豊岡町の

"ねこや"さん。

明治初期の創業で、当時から変わらぬ材料と製法が守られています。

 

写真は10cm大。大小20種、5色展開されています。

都内の宝くじ売場でも、このねこやさんの招き猫、結構見かけます。

 

来るかな、招き猫ブーム・・・。

 

 

「はるな湖天空ファンタジア」開催中です!

harunafantasia1107-1.JPG harunafantasia1107-2.JPG

 

 

 

 

 

 

夜空と湖畔を舞台に繰広げられる光と音の巨大スペクタクル

「はるな湖天空ファンタジア」が7月の週末に開催中です。

土曜日は花火とレーザーの夢のコラボ!(後半のショー)

【開催期間】7月1日(金)~7月24日(日) 毎週 金、土、日曜日 

【上演時間】PM7:30~8:30 約20分のショーが2回

湖畔の場所により見づらいところがありますが、

観覧ポイントは 御沼オオカミ神社付近です。

毎回道路の渋滞が予想されます。お早めにお出かけ下さい。

 

詳しくは 榛名観光協会 はるナビにて

http://harunavi.jp/

  

fruitninja2011.jpg

9月いっぱいまで、榛名山麓の果樹園と榛名湖、榛名神社を

めぐる「フルーツ忍者ハルナ スタンプラリーキャンペーン」が

開催中です。

とれたてフルーツが抽選でプレゼントされるなど、うれしい

内容もりだくさんです。

詳しくは はるなフルーツタイムスの会HPをご覧下さい。

http://harunaftimes.com/stanp/index.html

gjizake01.jpg gjizake02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

群馬県酒造協同組合さんが、JR高崎駅周辺の『群馬の地酒』

取り扱い店(飲食店・酒販店)のマップつきパンフレットを配布

しています。

 

観光協会にも、

群馬の地酒はどこで買えるか、どのお店なら飲めるか、といった

問いあわせをいただくこともあり、これは重宝しそうです。

 

パンフレットの店舗リストには、各お店の主な取り扱い銘柄も記載、

お探しの一本にも安心してたどり着けそうです。

 

PDFデータは↓

JR高崎駅周辺の『群馬の地酒』取り扱い店(飲食店・酒販店)PDF.pdf

 

 

暑いMCO

MCO110708-1.JPG MCO110708-2.JPG

 

 

 

 

 

 

どう紹介したらよいか、また、このブログのタイトルを付けていても

キーボードを打つ手が止まってしまいましたが、

群馬テレビGTVが好きな小学生が毎週楽しみにしていて、

ステージショーには人だかりができて、

近所の保育園児とかが「将来の夢は」と尋ねられると真っ先に

挙げるのかどうか、多分そうなることを目論んでいるんであろう

「マジック戦隊MCO」の撮影がこの暑い中、箕郷町の箕輪城、

芝桜公園で行われました。

戦国時代の大合戦の舞台とシーズンオフの花の見どころを

結びつけるあたり、『JIN』みたいな素人には想像できない時空

スペクタルなストーリー展開を期待します。 

MCO、見たことないけど、CGとかで大加工されて、

スリル溢れる、すごい番組に仕上がるんだろうな。8月放送予定。

 

 

この夏の群馬の森"近美"はマストです!

 

高崎市綿貫町の群馬県立近代美術館にて、

明日7月9日(土)から9月4日(日)まで、企画展

『ピカソ《ゲルニカ(タピスリ)》+コレクション名品選』

が開催されます。

muse110709-11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品が制作された経緯はあまりにも有名なピカソの

大作《ゲルニカ》(1937)。

この原画を画家自らが監修・指示して作られたタピスリ

(つづれ織り)は世界に3点あり、

 

今回展示されるものはその第3バージョン。

展示では近年の研究で明らかになったピカソの仕事の

背景にも迫ります。

 

詳しくは、群馬県立近代美術館HP

http://www.mmag.gsn.ed.jp/

ピカソ《ゲルニカ(タピスリ)》展 チラシPDF.pdf

 

 

高崎市綿貫町の群馬県立近代美術館にて、

明日7月9日(土)から9月4日(日)まで、企画展

『風のように、光のように 

 ~ノルウェーと日本のテキスタイル・アート~』

が開催されます。

muse110709-21.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノルウェーと日本の現代テキスタイル作家が相互の

交流を通じて作品を制作するプロジェクトの成果を紹介。

 

2つの国の自然や文化、また出会いが織りなす涼やかな

空間をお楽しみ下さい。

 

詳しくは、群馬県立近代美術館HP

http://www.mmag.gsn.ed.jp/

風のように、光のように チラシPDF.pdf

 

 

高崎の、夏の美術館・博物館は各館渾身の企画が

目白押しです。

群馬デスティネーションキャンペーン、高崎でのお立ち

寄りスポットにおすすめなミュージアムメニューは

随時このブログでお知らせします。

Welcome to Museum!  

muse110702-11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月2日(土)から8月28日(日)まで、高崎駅東口から

徒歩2分の高崎市タワー美術館では、

『花にみる日本の美 ~花をめぐる物語~』を開催中。

 

四季に富むこの国の身近な光景である花にスポットを

あて、日本人の美意識の鏡とも言える花を描いた

酒井抱一、鈴木其一、福田平八郎といった日本画家の

作品約60点を展示しています。

花にみる日本の美 チラシPDF.pdf 

 

◎高崎市タワー美術館

 http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/art_museum/t/

高崎市吉井町の多胡碑記念館「いしぶみの里公園」の

古代ハスが見頃を迎えました。

2000年以上前の地層から発掘された種子がルーツの

「大賀蓮」という種類のハスです。

hasu110707-01.jpg hasu110707-02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

hasu110707-03.jpg hasu110707-04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

写真は今朝7時40分頃に撮影したもの。

朝4~8時あたりにお越しいただくと、このような悠久の時の

流れを偲ばせるような、神秘的な表情をご覧になれますよ。

 

◎多胡碑記念館

 http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/ky-bunkazai/tagohi/index.htm

 

 

CIMG0725.JPG CIMG0728.JPG

 

 

 

 

 

 

 

高崎だるまは、SLの汽笛を聴きながら眠っているのかもしれません。

 

JR信越線、高崎駅から下り2駅目の群馬八幡駅周辺が、高崎だるまの

工房が点在するエリアです。

 

この写真はある工房の若手の職人さんが撮影したもの。

「機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー」記念品の「機関車だるま」、

デゴイチバージョンと、本物の蒸気機関車D51型498号機をいっしょに

収めた一枚です。

黒いだるまさんが、心なしか嬉しそうに見えます。

kikansya110705-11.jpg

 

 

 

 

 

 

「機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー」で3店舗で買物された

方にプレゼントしている「機関車だるま」(C61,D51,デキの3タイプ)

ですが、本日17時現在で800個が贈呈されています。

 

当初は群馬DC期間、9月までの3ヶ月間で限定1,000個、シリアル

ナンバー入りで用意しておりましたが、機関車の街・高崎事務局では

期間中にスタンプラリーに参加された方にもれなくプレゼントできるよう

追加発注を行いました。

 

1001番以降もシリアルナンバーは付きます。早々にご参加された方、

もう残りわずかもしれないと大急ぎでまわられた方、3ケタのナンバー

の機関車だるまは貴重かもしれません。心より御礼申し上げます。

 

高崎の少林山周辺のだるま工房では、若手の職人さんたちがただ今

大忙しで機関車だるまの絵付け中です。猛暑のなか恐縮しつつの

追加依頼でしたが、張り合いありげに作業に取り掛かって下さった

心強い方々でした。

地元FM局、ラジオ高崎で、ただいま「機関車の街・高崎 まちなか

スタンプラリー」参加店舗からの生中継を特集してます。

店舗の紹介、群馬DCへの期待、スタンプラリー商品への意気込み

など、お店の方の生の声をお届けしています。

番組:ラジオ高崎 72.6Mhz Air Place  にて17:30頃から約10分

7/4(月) NREたかべん さん

7/5(火) そば処 きのえね さん

7/6(水) 中村染工場 さん 

7/7(木) だんべえ本舗 風間堂 さん

7/13(水) 安心食材グラツィエ さん

7/20(水) 日本一 さん

以降、毎週水曜日に期間中放送予定です。

 

役得かもしれませんが、ラジオ高崎レポーターの方との事前打ち合わせ

で職人さんが語るエピソードが心に染みました。このブログで紹介できれば

と思います。

【事務局長のお仕事】機関車だるまをゲット!

1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幼児期を高崎駅に近い旭町というところで過ごし、毎日のように

跨線橋(地元では「タカバシ」と呼んでいた。)の上からSLが通り

過ぎるのや、転車台での機関車の方向転換をあきもせず眺めて

いたことを懐かしく思い出し、「機関車の街 高崎」というコピーに

魅かれ、個人としてスタンプラリーに参加してみました。
 

2.JPG 3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

7月1日の金曜日にスタンプ2個、2日に1個を押してもらい、

駅案内所へ。

当日は、東口でイベント開催があったため車を置くのに一苦労。

何とか駐車スペースを確保し、案内所でデザインが気に入って

いる「デキ」にしようか迷った末にポピュラーな「C61だるま」を

選びました。
 
私が最後にSLに乗ったのは、昭和40年代初頭の冬の北海道、

確か重連の急行だったと記憶しています。決して熱心な鉄道ファン

ではないのですが、郷愁を感じさせるアイテムですよね、SLというのは。


2日のFMぐんまの放送では、SL3台が集結したその日の乗客には

おじいさんと孫の組み合わせが多かったとか。そのおじいさんの気持ち、

なんとなく分かる気がしますねえ。
 

さて、これからどうしましょうか。「D51だるま」とセットで終わるのか、

「デキ」を含めてコンプリートを目指してみるか。


「デスティネーションキャンペーン」楽しみなシーズンの幕開けです。

(写真は「だるま」と「D51商品」のコラボでまとめてみました。)

 

【事務局長のお仕事】ではこの春、高崎観光協会事務局長に就任し、

日々観光の仕事が楽しくてたまらないM氏の出来事をつづります。

「スタンプラリー」は開始前から楽しみにしていたみたいで、始まったら

どう巡ろうか、とパンフレットとにらめっこする姿は、鉄道好きの少年

のようでもありました。(事務局スタッフ追記)

2011年7月2日、高崎駅から同時発車したSLのD51、C61+C57(重連)動画が

高崎市ホームページでご覧いただけます。

アドレスは↓

kikansya110702-61.JPGhttp://www.city.takasaki.gunma.jp/kankou/index.htm

 

 

 

 

 

何度見ても、しびれます!!

 

kikansya110702-01.JPG kikansya110702-02.JPG

 

 

 

 

 

 

 

kikansya110702-03.JPG kikansya110702-04.JPG

 

 

 

 

 

 

 

本日09:56  群馬DCオープニングセレモニー後、SLのD51、C61+C57が

          同時出発。

   10:03    SLを見送られた鉄道ファンの方々が高崎駅観光案内所に殺到。

                     同案内所始まって以来の混雑。

          「機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー」用紙を手にして

          駅東西口への散策開始。

   12:33   3店舗でスタンプをもらった方への「機関車だるま」、昨日の開始

          から150個目を贈呈。

 

【群馬DC】E'site「群馬いろは」オープン

kikansya110702-05.JPG kikansya110702-06.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

kikansya110702-07.JPG kikansya110702-08.JPG

 

 

 

 

 

 

 

高崎駅のE'site「群馬いろは」が本日オープンしました。

群馬県内のスイーツや食品、お酒、工芸品などを一同に

集めた店内、

上州名物の焼きまんじゅうや高崎だるまもたくさん販売

されています。

明日までだるまの絵付け体験など開店記念メニューも

用意されています。

 

kikansya110701-1.JPG kikansya110701-1 (1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

群馬デスティネーションキャンペーンが本日から開幕、

高崎での関連企画『機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー』も

いよいよスタートしました。

スタンプラリーの起点となる高崎駅観光案内所には、

9時の開所と同時に数十名の方が訪れ、いちばん早い方が

その30分後、3店舗でのスタンプを押し終えて戻って来ました。

東京都墨田区のNさん。

JRさんのパンフレットでこの企画を知り、楽しみにお越しになった

のだとか。

記念品の機関車だるまを受け取ると満足げにホームに降りて

行かれました。

今日、17時現在で40個の機関車だるまがプレゼントされています。