• Facebok
  • Instagram
  • メール

高崎観光協会

史跡 観音山古墳

観る-中心部 観る-歴史・文化・史跡

綿貫観音山古墳とも呼ばれており、墳丘全長が97メートルの前方後円墳で、6世紀後半に造られたと推定されています。昭和43(1968)年に群馬県教育委員会によって発掘調査が行われました。
観音山古墳で注目されるのは、墳丘上に並べられていた埴輪、横穴式石室とそこから出土した副葬品です。

「群馬県綿貫観音山古墳出土品」は令和2年9月30日付官報告示によって正式に国宝となりました。

住所 高崎市綿貫町・台新田町
お問い合わせ 027-226-4684(群馬県文化財保護課)
利用時間
定休日
交通 JR高崎駅よりバス30分
駐車場
ホームページ https://www.pref.gunma.jp/03/x4510004.html
備考 写真は群馬県文化財保護課より借用

Google Maps