2013年11月アーカイブ

デゴイチのお誕生日

昭和15年11月24日、SLの「D51 498」は神戸市の鷹取工場で誕生しました。
今年で73周年、お祝いの誕生記念号が先日11月23日、高崎~水上間を運行しました。

 

SL誕生記念号 1.jpg SL誕生記念号 2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誕生記念号のヘッドマークをつけたデゴイチは、一段と力強く凛々しい姿。
隅々まで丁寧に磨かれたデゴイチからは、SLを支える方々の愛情が伝わってきます。

 

SL誕生記念号 3 (1).jpg

  SL誕生記念号 4.jpg

 

この日の編成は旧型客車。
こちらの「スハフ32 2357」は昭和13年製造。
JR東日本さんの中でも、現役で走る最古の車両だそうです。

小窓が並ぶデザインがとっても素敵です。

車内は満席!ホームでは多くのお客様が記念撮影。

デゴイチもとびきり元気な汽笛で応えていました。

SL誕生記念号 5.jpg

 

 

 

 

73歳のデゴイチ、この日もたくさんの笑顔と一緒に高崎駅を出発です!
SL運行情報などはこちら
JR東日本 高崎支社 HP
http://www.jreast.co.jp/takasaki/sl/

企画展「中野屋孫三郎の発見!!」

吉井郷土資料館では12月15日(日)まで、企画展「中野屋孫三郎の発見!!」を開催中です。
吉井郷土資料館.jpg

吉井町かつての名産品「火打金」と、吉井火打金職人の代表といえる中野屋孫三郎について、

貴重な資料とあわせて紹介しています。

吉井の火打金は江戸時代、刀鍛冶が火打金を伝えたとされ、

その高い技術から江戸で大評判となりました。

中山道の脇往還、姫街道を利用する旅人、商人、善光寺詣りなどの人々が、

吉井宿で火打金を買い求め道中土産としたそうです。

特に中野屋一族の製品は火花がよく出ると人気が高く、中野屋ブランド、

吉井の火打金は全国に流通したそうです。

 

明治時代になり、国産マッチの普及で火打金は衰退してしまいますが、
資料館の方によりますと、現在でも富岡市の貫前神社では、吉井の火打金で火を起こし、

神様へのお食事が作られているそうです。

 

館内では火打金と石を使って実際に火花を起こす体験が出来ます。

実際に見せていただきました。

 

火打石.jpg 火打ち金.jpg

資料館では復刻版の火打金セットを販売しています。
この冬、燃えるような恋をしたいあなた、クリスマスプレゼントにいかがですか?

きっといろいろな意味で火花が散る事でしょう。

 

火の用心

吉井郷土資料館

http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/ky-bunkazai/kyoudo/

 

観音山紅葉(11/19)

観音山、慈眼院のモミジが秋の色に染まりました。

観音様.jpg もみじ.jpg

青空に真っ白な観音様と深紅の葉が輝いています。

 

今週末からは慈眼院の宝物、「五色龍王襖絵」秋の特別公開が始まります。

大広間の41枚からなる襖絵には、七頭の色鮮やかな五色の龍王の物語が描かれています。

どんな物語なのか、それは見てのお楽しみです。

五色龍王襖絵 秋の特別公開

平成25年11月23日(土)~12月1日(日)

慈眼院HP

http://takasakikannon.or.jp/

 

観音山洞窟観音 徳明園(11/19)

 観音山洞窟観音 徳明園で紅葉ライトアップが行われます。

約3000坪の回遊式日本庭園は、そのスケールの壮大さで北関東一の名園とも。

徳明園1.JPG 徳明園2.jpg 徳明園3.jpg  

 

 

 

庭園をめぐる小道や石段、足元からも色とりどりの落ち葉が迎えてくれます。

側に腰掛けて眺めると、色付いた木々のコントラストに、心が洗われるようです。

ずっと眺めていたい。 そんな秋のお庭です。

徳明園4.jpg 徳明園5.jpg

 

風が冷たくなってきました。暖かいお支度で、おでかけください。

徳明園 秋の紅葉ライトアップ 

11月23日(土)、24日(日)、30日(土) 17時~19時最終入園

洞窟観音 徳明園 HP

http://www5.wind.ne.jp/yamatokuen/index.htm.html

高崎駅ビジターセンターで、入園割引券をお受け取りいただけます。

 

少林山紅葉状況(11/16)

少林山達磨寺はH25年11月16日現在紅葉が見頃をむかえています。

階段.JPGのサムネール画像 少林山ではH25年11月3日から22日まで第27回少林山菊花大会が開催中

紅葉と一緒に菊花大会もお楽しみいただけます。

入口.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菊で着飾った達磨さんも

菊ダルマ.JPG

だるま小.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

少林山HP http://www.daruma.or.jp/

高崎自然歩道

 よいお天気の日に、高崎自然歩道を歩いてきました。今回は山名から城山周辺の道をご紹介します。

 

1マップ.jpgのサムネール画像のサムネール画像 道案内にはこちらのガイドブックをどうぞ!ルートマップに加えて見所や休憩スポットの情報も満載です!山名駅のほか、高崎駅ビジターセンターでもお受け取りいただけます。

 

 

 自然歩道の起点は830年以上の歴史を誇る山名八幡宮。ここからおよそ22Km隔てた少林山達磨寺まで続きます

2山名八幡宮.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像 古くから安産と子育ての守護神として、また養蚕や、商売繁盛の神様として知られます。

 

 

 

 

 

3山名八幡宮 彫刻.jpg 本殿を飾る彫刻は約250年前のもので、彫物師、関口文治郎の作。関口文治郎は桐生天満宮や榛名神社本殿の彫刻も手掛け、上州の左甚五郎ともいわれたすごい人。

 象鼻、龍、鳳凰などの空想上の動物が社殿を守っています。 良く見ると一番下の青い唐獅子の口元が左右で違います。阿吽を表しているのでしょうか?

お参りをして

いざ!自然歩道へ!

 

4山名周辺.jpg 

 

5碑~山名城址への道.jpg 

 6山名城址から根小屋城址へ.jpg

  
だんだん木々が増えて自然の中へ7苔の道.jpg

 

8山名城址への道.jpg

 

の道、枯葉の道、ごろごろ石の道、苔むした道。 さすが!道が主役とあって、進むたびに木々や地面、陽の光も様々です。

素敵な道のオンパレード! 

 

 

 

 

 

 

9根小屋城址から金井沢碑へ.jpg 10山名城址から根小屋城址への道.jpg 11金井沢碑からの道.jpg

木漏れ日の道

 

その先には何が?

 

 

 

 

13城山周辺ぬかるみ.jpg 

ぬかるんだ道を
飛び跳ねて進み

 

15根小屋城址から 倒木.jpg

14城山周辺倒木の道.jpg
倒木を跨いだり、くぐったり 道と一緒に遊んでいるみたいです。
17階段.jpg18紅葉.jpg
コースには、沢山の史跡や名所があります。そのお話はまたの機会に。
高崎自然歩道、
みな様も歩いてみませんか?

 

 

 

 

 

 

北陸新幹線沿線都市食彩市場

11月8日(金)11:00~18:00 ・11月9日(土)10:00~16:00

高崎駅東口ペデストリアンデッキにて北陸新幹線沿線都市食彩市場開催中

 

2013110811010000.jpg

2013110811010001.jpg

 

 

 

 

 

 

  沿線都市からおいしいもの盛りだくさんです。

高崎市からも開運たかさき食堂が出展中

ぜひ、おでかけください。

北陸新幹線沿線都市食彩市場チラシ.pdf