2012年8月アーカイブ

【学生インターンシップによる研修最終日の体験レポートです】

 

gakusei120830-4.JPG gakusei120830-5.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SLのD51,C61,電気機関車のデキが走る

「機関車の街」、高崎では高崎駅周辺のお店を

中心に、まちなかスタンプラリーが行われています。

今日はそのスタンプラリーを体験してきました。

 

gakusei120830-6.JPG gakusei120830-7.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

どのお店も機関車や石炭などをモチーフにした

食べ物や映画、おみやげの品などがあり、

思い出に残るスタンプラリーになりました。

 

gakusei120830-8.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

三つのお店で対象の商品を買って

スタンプを集めてSLのだるまをもらいました。

今回はC6120バージョンのだるまです。

 

だるまはあと2種類あるので、

家族や友人とまわってコンプリート

したいと思います。

 

(群馬大学社会情報学部3年 清水成美さん)

 

 

 

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー

 http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/

 

【学生レポート】多胡碑記念館の拓本体験(8/30)

【昨日に引き続き、学生インターンシップのレポートです】

 

高崎市吉井町の多胡碑記念館で

拓本体験をしてきました。

 

gakusei120830-1.JPG gakusei120830-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石に刻まれた文字を紙に写し取る方法の一つです。

石の上に紙を置いて、湿らせたタオルで上から

トントン叩くとそのまま字が写ります。

こうして完成したものがこちらです。

 

gakusei120830-3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての拓本体験はとても楽しかったです。

文字や文様をそのままの形で残すために

編み出された昔からの伝統をここで経験できて

良かったです。

 

ここでは80種の中から好きな文字が選べます。

ぜひ自分の好きな文字を拓本で残してみては

どうでしょう?

 

(群馬大学工学部3年 佐藤茜さん)

 

◎多胡碑記念館

 http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/ky-bunkazai/tagohi/index.htm

【前回に引き続き、インターンシップの学生さんによる

リポートです。プラムや梨の収穫でにぎわう榛名の

果樹園散策途中に、立ち寄りました】

 

haruna120829-10.JPG haruna120829-09.JPG

ミックスベリーヨーグルトと黒ゴマくるみのダブル(左)と

いちじくとジャンドューヤのダブル(右)を組み合わせました。

他にも幸水やレアチーズ、バニラなど全部で20種類の

中から1または2種類選べるようになっています。

食べてみたい味ばかりだったので、選ぶのに時間が

かかってしまいました。

 

入り口にはかわいい雑貨が置いてあったり、

エリックカールさんの絵が飾ってあったりと

全体が明るく癒される雰囲気で包まれています。

すごく居心地が良かったです。

 

榛名湖や榛名神社でたくさん歩いた帰りに

Albero.のおいしいアイスで疲れをとっては

いかがでしょうか?

 

(群馬大学工学部3年 佐藤茜さん)

 

 

◎アルベロ.(山木農園)

  http://www.albero-yamakifarm.com/

【今週、協会事務局にインターン研修生として

学生さん2名が来ています。おふたりには

高崎の観光地を学生目線でリポートして

もらいました】

 

haruna120829-01.JPG haruna120829-02.JPG

榛名神社は榛名山にある神社で、

古くから雨乞いの神社として、

今ではパワースポットとして

多くの参拝者がお参りしています。

haruna120829-03.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に見えてくる隋神門をくぐると、

榛名湖から流れる川のせせらぎもあって

ひんやりとした空気を感じることができます。

 

haruna120829-04.JPG haruna120829-05.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

苔むした会談を登っていくと、

大きな御姿岩とそこから生えるように

建っている本殿が現れます。

 

一つの山のように大きな岩々や、

太く長く真っすぐに伸びている杉の木を

見上げていると、

何やらパワーを分けてもらえるような

感じがします。

haruna120829-06.JPG haruna120829-07.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

神社の周辺ではコスモスも咲き、

赤トンボもたくさん飛んでいて、

秋の気配もしていました。

 

まだまだ暑い日が続きますが、

涼を求めて一度

榛名神社にお参りして

みてはいかがでしょうか。

 

(群馬大学社会情報学部3年 清水成美さん)

 

haruna120829-08.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎榛名神社

 http://www.haruna.or.jp/

 

 

地産池消の祭典『たかさき食楽フェスタ』(9/2)

tirashi2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供たちに「楽しい・嬉しい・美味しい」を伝えたい―――

そんなコンセプトで今年初めて開催される

『たかさき食楽フェスタ』は

高崎市内の飲食店や農産物生産者が自慢の料理、

新鮮で安全・安心な農産物を提供する食の一大イベントです。

 

9月2日(日)11:00~17:00、もてなし広場にて開催、

野菜・酪農の直売や野菜スープの無料提供、

子供の体験やプロカメラマンによる撮影コーナー、

さらに

着物スタイリスト・石田節子さんによるトークショーなど

盛りだくさんの一日。

この週末は、

おなかを空かせて街なかにお出かけを。

 

詳しくは

たかさき食文化情報発信事業実行委員会

(市商工振興課内 ℡027-321-1256)まで。

 

 

kikansya120827-11.JPG kikansya120827-12.JPG

多くの学校は夏休みが終わり、

新学期を迎えているようです。


そんな8月末の平日の夕方、

高崎に戻ってきたSLみなかみ号を

撮りに出かけました。

 

kikansya120827-13.JPG kikansya120827-14.JPG

 

 

 

 

 

 

 

印象深い夏の思い出を乗せてきてくれた

SLの前で別れを惜しみつつ記念撮影を

している家族を見かけました。

 

 

kikansya120827-15.JPG

 

 

 

 

 

 

 

少し遅い時間の帰宅路、

ちょっとだけ遠回りして機関庫を目指します。

辺りには燃えた石炭のにおいが

どんより湿気とともによどんだ空気にまじり、

時折かちんかちんと

今日の仕事を終えたSLを整備する音が

響いてきます。

駅の東にある住宅街の機関庫、

フラッシュをたいてこっそり撮影を

試みていると、彼の住処の

シャッターは素気無く下ろされました。

 

機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー、

9月まで開催中です。

 http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/


 

kikansya120827-1.JPG kikansya120827-4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

9月2日(日)、高崎駅鶴見町の上信電鉄本社および

車両検修場で、

「上信電鉄鉄道感謝フェア2012」が開催されます。

 

今年も

電気機関車デキの車両乗車体験、撮影会

ED316撮影会、

ミニトレイン運行、鉄道用品販売ほか

盛りだくさんのイベントです。

 

kikansya120827-2.JPG kikansya120827-3.JPG

詳しくはチラシ↓をご覧ください。

上信電鉄鉄道感謝フェア2012ちらし.pdf

 

 

第23回はるなの梨まつり (8/26)

harunanashi2012.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高崎市の西を走る

国道406号線沿いの"くだもの街道"の

直売所にも、食べごろを迎えた梨が

並び始めました。

 

そんな高崎の

一足早い秋の訪れを告げる恒例イベント

「はるなの梨まつり」が

今週末26日(日)、榛名湖畔の路地前

野外特設ステージで開催されます。

 

梨の皮むき大会やビンゴゲーム、

梨の試食、直売など

今年も盛りだくさんの楽しい内容が

用意されています。

 

詳しくはチラシ↓をご覧下さい。

第23回 はるなの梨まつり ちらし.pdf

第16回ろうそく祭り 高崎観音山「万灯会」

mandoe2012.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16回目の開催を迎えました、

高崎観音山のろうそく祭り「万灯会」は

今年は今週末、8月25日(土)に

行われます。

 

観音山全域が灯明15,000、

灯籠1500基の明かりに照らし出される

このイベント。

 

慈眼院境内のアーチ、観音様を包む

円光の輪をくぐり抜ける「円光くぐり」や

石段下から観音様までの道のりを

ほのかな明るみで導く「あかりの回廊」など

夏の夜の観音山が神秘的な雰囲気で

満たされます。

そのほかお楽しみいっぱいの縁日広場や

子どもちょうちん行列、各種ステージなど

盛りだくさんの一夜。

夏休み最後の思い出の光景を探しに

お越し下さい。

 

詳しくは

第16回ろうそく祭り 高崎観音山 万灯会 チラシ.pdf

 

かみつけの里「ひまわり迷路」

himawari120819-1.JPG himawari120819-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

himawari120819-3.JPG himawari120819-4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

高崎市保渡田町、かみつけの里公園の北側に

「ひまわり迷路」があります。

ちょうどいま、ひまわりが満開を迎えています。

 

それにしても暑い!

ひまわりも少々うつむきがちでした。

 

 

 

さすがに今年の暑さは、

まちあるきにも影響してしまいそうです。

「機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー」、

そんな照りつける太陽のもとでも

たくさんの方にご参加いただいております。

 

今年は夜も営業しているお店の参加も増え、

日が沈んだ後のラリーもお楽しみいただけます。

事務局スタッフも業務終了後に

個人的にスタンプラリーに参加しているのですが、

対象商品ともう一品、

と物色していて、これは!というメニューを見つけました。

 

それがラム酒をベースにミントを加えた

夏の定番カクテル、「モヒート」です。

先日、このモヒートのハシゴを敢行しました。

 

 

 

 

kikansya120817-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

まず最初におじゃましたのが

メキシ小料理ティオティアさん。

http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/shop-21.html

打ち合わせの時から、カウンターに掲げられた

写真付きメニューで気になっていた一杯です。

注文すると、マスターの松田さんが

自宅で栽培しているというミントを

目の前ですりつぶしてくれます。

グラスが出てくるのを待つ間にも

カウンター中にミントの香りが漂います。

その香りを渇ききった喉に流し込むと、

ミントの新鮮さが期待以上にひろがりました。

ベースのラムは「バカルディ」。

氷が溶けきるまで、飲み干して次のお店へ。

 

 

 

 

kikansya120817-3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

中央銀座通り商店街から南下すること徒歩5分、

南銀座商店街の角にあるオープンカフェ、

エルフリオさんに到着。

http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/shop-15.html

店長の吉田さんがスマートに材料を調合してみせます。

カリブ産のラム「ロンリコ」を使った同店のモヒートは

ソーダを使っていないのでじっくり味わいたい人向き

かもしれません。しっかりラムの味がするカクテルでした。

先月はモヒートをテーマにしたイベントを開催、

材料が底をつくほどの人気だったとか。

カウンターでそんなお話を伺っていると、だいぶ店内も

混んできたのでおいとまする。

対象商品のシフォンケーキを食べ忘れたことに

外に出て気づく。

 

 

 

 

kikansya120817-4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

徒歩3分ほど来た道を北に戻る。

さやもーる商店街のブラジルグリルさんは

閉店時間間近だけど

ポルトガル語を話すお客さんがまだにぎやかに

飲んでいました。

http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/shop-17.html

ブラジル出身の夫婦のお店。

「お父さん、今でかけたところ」と

ひとりで厨房を仕切っていた奥さんのトーレスさん、

群馬暮らしも長くなるとすっかり"上州のかかぁ"な

雰囲気に満ちてます。

ミントがなかったのでモヒートにはありつけませんでしたが

ブラジルの国民酒ピンガ(原料はラム同じくサトウキビ)と

ライムで「カイピリーニャ」を作っていただきました。

「甘さ控えめにする?」という来客の体型を気遣っての

レシピ調整がありがたい。

この酸味は夏に効きます!

 

 

 

kikansya120817-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

この晩の締めは、というかいつも一人のみの締めで

迷わず寄らせていただくのが高崎駅近くの

バー・ミスティさん。

http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/shop-07.html

「今日は遅いですね。どこかで飲みましたか?」と

ハバナシガーの似合うマスターの豊田さんが

しっとりと話しかけてきます。

間接照明の、ほの暗い店内でも前の

モヒート3杯(ほか)による赤ら顔は気づいているの

でしょうが、趣旨を手短に(なっていたかは不明・・・)

説明すると、少し時間をかけて一杯を仕上げてくれました。

そのモヒートは、あえてダークのラムを使ったもの。

群馬産のちょっと高級な枝豆も添えて。

 

その後から記憶は飛ぶ。でもこうして画像は残っていました。

 

 

takasaki_sldaruma01.JPG

 

 

 

 

 

 

 

機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー

参加店舗の臨時営業、休業のおしらせです。

(8/16現在)

 

◎もぎたて完熟屋

 休業日は日祝日⇒水曜日に変更

 日曜日は17時までの営業 

 

◎ブラジルグリル

 8月中の土日曜休業

 

◎だるまだるま

 月曜定休、17時閉店になりました

 

◎こうげつ人形

 8/17(金)~23(木)まで臨時休業

 

◎鉢の木七冨久

 8/20(月)~23(木)まで臨時休業

 

◎エルフリオ

 火曜定休、8/20(月)~22(水)臨時休業です

 

◎そば処きのえね

 8月30(木)、31(金)臨時休業です

 

 

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー

 http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/

 

 

kikansya120816-1.JPG kikansya120816-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

上信電鉄では、8月16日、26日の各日曜日に

電気機関車「デキ」の臨時列車を運行、

この日はなんと、

どなたでも無料で乗車できます!

 

このデキは大正13年、ドイツのシーメンス社から

購入された日本最古クラスの電気機関車です。

 

ファンの間では

"上州のシーラカンス"

とも呼ばれるほど、鉄道界では貴重な存在です。

 

気になる乗り心地ですが、発車すると

ゴ ゴ ー ッ 

という独特の牽引音が客車にも聞こえてきて、

その頑張ってる姿を応援したくなる、

そんな気持ちは乗客みなが抱くもので、

運行中は車内の一体感さえ生まれるほどです。

 

各日予約不要、

乗車された方にはデキ記念乗車証がプレゼント

されます。

 

くわしくはチラシ↓をご覧下さい。

デキ無料乗車デー(8月19日、26日).pdf

 

 

さて、ただ今開催中の

「機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー」での

スタンプ対象商品に、松田製菓さんの

「デキパウンドケーキ」があります。

kikansya120816-3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

デキ乗車の後は、ぜひスタンプラリーにもご参加下さい。

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー

 http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/

 

 

 

kikansya120814-11.jpg kikansya120814-12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただいま高崎市あら町のミニシアター

シネマテークたかさきでは、

「機関車の街・高崎まちなかスタンプラリー」

参加企画として、

映画『ある機関助士』を上映中です。

 

1962年、国鉄のPR映画として企画された同作品は

上野-水戸間を走るSLの機関助士に焦点を当て、

過酷な労働環境のなかで真摯に運行の安全を

守りぬく彼らの姿を克明に捉えています。

 

わずか37分のフィルムですが、

スクリーンに映し出される光景に始終

圧倒されました。

 

機関車の街、高崎ではSLに乗ることが

できます。

沿線では疾走する彼らを見ることも

日常的にできます。

でも実際の運転席の様子は、

なかなか見られるものではありません。

そんな貴重な光景を、スクリーン上ではあれ

じっくり見入ることができるのがこの作品と

言えましょう。

 

上映スケジュールはシネマテークたかさきHPを

ご覧下さい。

http://takasaki-cc.jp/

 

ついでに、ここ2年間で撮りためた高崎版

"ある機関助士"の画像をご覧下さい。

 

kikansya120814-13.JPG kikansya120814-14.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

kikansya120814-15.JPG kikansya120814-16.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

kikansya120814-17.JPG kikansya120814-18.JPG

kikansya120814-19.JPG kikansya120814-20.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

この映画に登場する機関助士または機関士の方々の

意志は、この街にも脈々と受け継がれているかと思うと、

胸が熱くなります。

そんな思いがこみ上げてくる上映の後でした。

 

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー

 http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/

 

kikansya120814-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お盆休みのなか日、今日の

「快速SLみなかみ号」はD51の牽引。

朝からの雨が上ったばかりの

高崎駅2番線ホームは熱気、というより

すごい蒸気に満ちていました。

 

kikansya120814-2.JPG kikansya120814-3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

kikansya120814-4.JPG kikansya120814-5.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はいっそういつもの撮影ポイントに

たどり着けない・・・。

その代わりにホームいっぱいの

SL♡な皆さまをカメラに収めました。

 

おかげさまで、ここ数日、

「機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー」も

好調です。

 

 

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー

 http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/

 

gso2012-08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

群馬交響楽団フリークの間で話題に上る事柄に

"群馬音楽センターのパラドックス"があります。

 

全国的な音楽ホールにくらべて残響が少ない

音楽センターは、

客席がいっぱいになるほどステージの音が

衣服などに吸収されもっと響かなくなる。

逆に客席が空いているほうが、理想の響きに

近くなる、というセンター常連の印象です。

 

もちろん、それらを補うほどの熱演も

繰り広げられはするのですが、

特にフランス近代やモーツァルト作品では

多分演奏者にもつらい環境なのは確かでしょう。

 

指揮者に気鋭の三ツ橋敬子、ソリストに

ウィーンフィルの名クラリネット奏者ライスターを

迎える今年の群響サマーコンサート、

プログラムにはドビュッシー、モーツァルト、

また室内楽的な味わいの西村朗、ウェーバーの

クラリネット作品が並びます。

 

さて、どう聴くか・・・。

 

通常の定期演奏会では会員は席が決まって

いますが、サマコンは自由席。

いつもと違ったオーケストラの音を体感する

チャンスです。

 

おすすめは前列エリア、

当日の配置しだいですがコントラバスの近く。

 

その理由は、

中盤2曲のクラリネット作品では世界的ソリストの

息継ぎまで間近で聴けるスリリングさ。

そしてなんといっても終曲のドビュッシー「海」は

低音の弦楽器、金管楽器群による音のうねり、

荒波にもまれる快感に浸れます。

夏の夜の演奏会の後、聴き手の耳の奥にも、

その響きは残りリピートし続けるはずです。

 

ところで、

会員暦ほぼ20年の当方ですが、

残念ながらモーツァルトを聴く際の

このホールでのベストポジションは、

まだ見つかっていません。

 

2012群響サマーコンサート ちらし.pdf

群馬ジャズフェスティバル2012 (9/2)

gunmajazz2012.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

群馬県内最大規模のジャズイベント、

高崎市倉渕町のはまゆう山荘を会場に

開催される「群馬ジャズフェスティバル」。

 

今年は9月2日(日)、

スペシャルゲストに

サックスのベテランの山口真文カルテットを

迎えます。

 

この山々に囲まれた屋外の空間をステージに

行われる同フェスのもう一つの楽しみは

ここならではの料理が楽しめる

屋台コーナー。

海軍カレー、海軍カレーコロッケ、鱒の塩焼きなど

をご用意しています。

 

澄みきった空気の中、軽やかに流れるリズムに

身を委ね、グイッと喉に流し込むビールは格別です。

 

詳しくはチラシ↓をご覧下さい。

群馬ジャズフェスティバル2012.pdf

 

高崎おかみさん会 ジャズコンサート2012 (8/28)

jazzokamisankai2012.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第11回を迎える高崎おかみさん会主催の

夏のジャズコンサート。

今年はクラシックからジャズ、ポピュラー、シャンソンなど

幅広いジャンルで活躍するピアニストの小林ちからを迎え、

ベースに店綱邦雄、ドラムスに上村計一郎、

サックスに河村つつむといった実力派が登場します。

 

日時 8月28日(火)オープン18:00

会場 ホテルメトロポリタン高崎

料金 10,000円(ディナー・フリードリンク)

お問い合せ 高崎おかみさん会 ℡027-324-8522

 

詳しくはチラシ↓をご覧下さい

高崎おかみさん会 ジャズコンサート2012.pdf

【機関車の街・高崎】非売品ですが・・・

kikansya120809-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日のSL C61誕生記念号、

発車前に家族写真の撮影をお手伝いしたところ

お礼にいただいたグッズが上の「黒い車輪」、

竹炭入りクッキーと乗車記念カードです。

ここ数年のマイブーム、

SLグッズコレクターにはたまらない一品です。

 

 

 

kikansya120809-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

最近入手したもう一つの非売品が

このSLバスボールです。

浴槽に入れるとボールの中から

C61かD51のSLフィギュアが

出てくるそうです。

もったいなくてまだ開封してません。

 

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー

 http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/

 

 

kikansya120808-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高崎駅に、久しぶりにSLのC61が姿を見せました。

今日は特別列車「快速SL C61誕生記念号」の

運行です。

夏休みも中盤、ファミリーのお客さんでにぎわう

高崎駅2番線ホームです。

 

kikansya120808-2.JPG kikansya120808-3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

どのご家族も、あこがれのSLを前にすると、

特にお父さんが気持ち高まるようです。

このシーズンの高崎ならではの

微笑ましい光景です。

 

kikansya120808-4.JPG kikansya120808-5.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな皆さんの たくさんの笑顔をのせて、

今日もSLは水上へと出発していきました。

 

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー

 http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/

 

kamihaku2012summer.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

高崎市井出町の

かみつけの里博物館では、夏休み体験企画

として「わくわく古代体験」を8/26(日)まで

開催しています。

 

勾玉のアクセサリーや金の耳飾り、

ミニ埴輪づくりなど、

気軽に参加できるメニューを用意。

ご家族でも楽しめます。

 

詳しくはチラシ↓をご覧下さい。

かみ博 わくわく古代体験2012チラシ.pdf

takasaki_sldaruma01.JPG

 

 

 

 

 

 

 

機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー

参加店舗の臨時営業、休業のおしらせです。

(8/3現在)

 

◎もぎたて完熟屋

 8/5(日)臨時休業

 休業日は日祝日⇒水曜日に変更

 日曜日は17時までの営業 

 

◎ブラジルグリル

 8月中の土日曜休業

 

◎中村染工場

 8/4(土)営業時間は11時~16時

 8/11(土)~16(木)臨時休業です

 

◎エルフリオ

 火曜定休、8/20(月)~22(水)臨時休業です

 

◎だるまだるま

 月曜定休、17時閉店になりました

 

◎こうげつ人形

 8/16(木)まで無休で営業します

 

kikansya120803.JPG

 

 

 

 

 

 

 

明日8/4(土)~8/5(日)まで、いよいよ

高崎まつり。

ついでにスタンプラリーも、ぜひご参加ください。

 

 

◎機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー

 http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/

 

 

カタクリの里のキツネノカミソリ

P1030003.JPG

吉井町小串のカタクリの里のキツネノカミソリが見頃を迎えています。

吉井の夏祭りも終った8月1日にキツネノカミソリがそろそろ咲いている頃と思いカタクリの里に出かけました

思ったとおりキツネノカミソリの群生がところどころに満開でした。

そのキツネノカミソリに寄り添うようにヤマユリやウバユリの花も咲いていました。

 

暑い日差しが照りつけている中、カタクリの里は、日差しを遮るように木々が生い茂っていますので、ちょっとした涼感を得られます。

お出かけしてみてはいかがですか。

 

 

P1030008.JPG  

 

P1030009.JPG

musoujin1208.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日常の街の生活のなかで、

自然と、気軽に音楽に触れられる、

または浸ることができる、

そんな雰囲気に満ちているのが

ここ高崎です。

 

街の真ん中に群馬交響楽団のホーム、

群馬音楽センターがあり、

その近くの交差点ではいつでも

大きな楽器ケースを抱えた楽員を

見かけます。

この夏休みも、近くの小中学校からは

マーチングや吹奏楽の練習の様子が

音の風景として流れ聞こえてきます。

駅前ではひのき舞台を夢見るアマチュア

ミュージシャンが自作の曲を披露し、

通りすがりの人々が群がります。

 

確かに、

「音楽のある街・高崎」はそこかしこで

実感できます。

 

高崎市文化課が主催の音楽会「夢奏人」は、

そんな街だからできるシリーズ・コンサート。

移りゆく季節を音楽とともに感じられる、

"高崎スタイル"なプログラムを用意しています。

 

来る8月10日(金)、第24回となる「夢奏人」は

群馬交響楽団奏者の野田祐介さんによる

クラリネットリサイタルです。

ラヴェルの「ハバネラ」、ピアソラのタンゴ作品など、

真夏の気だるい気分に心地よい刺激になりそうな

プログラム、選曲者のセンスが光ります。

 

詳しくは

夢奏人vol.24 野田祐介クラリネットリサイタル.pdf