2012年2月アーカイブ

daruma-highball.JPG

 

 

 

 

 

 

 

高崎駅周辺の居酒屋さん、料理店さん等で、

だるま型の特製グラスでいただける、

その名も「高崎だるまハイボール」がメニューに

登場しました。

 

使っているウイスキーはサントリー「オールド」。

そのボトルのかたちから「だるま」の愛称で

親しまれているロングセラー商品です。

 

特製グラスで飲むハイボールは

唇にひんやりとした冷たさと、

炭酸の泡の刺激がつたわる心地よい飲み口。

 

これからの送別会、歓迎会、新歓コンパなど、

春のあらたな門出に、

幸福をまねくだるまにあやかり

アルコールにも手伝ってもらい、

思いっきりはじけたい、

そんな一杯に仕上がりました。

 

 

釜石水産組合が人情市に

挨拶.JPG 人情市授与式.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 高崎市松本副市長・(社)高崎観光協会理事長等より挨拶のあと

昨年、人情市の会場で寄せられた義捐金を釜石市の若崎副市長・水産振興企業組合理事長へ

NPOやるき堂代表関口氏より手渡され釜石市から感謝の気持ちが述べられた。

釜石出店.JPG

 

震災の影響で今年は漁が振るわず今回は昨冬水揚げされたイクラ・アワビ・ツブ貝・ししゃもの卵などの盛り合わせを

2,000円で販売した。

 

 

 

 

写真Ⅱ.JPG  

 

 

 

 

 

 

 

スライド.JPG

 

主催者が被災地の実態を知ってもらおうと販売テントの

隣で市街地や漁港の震災直後と最近の様子を伝える

写真や映像で紹介していました。

【春を待つ2012】訪れる季節への胎動

20120227.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今朝の新聞の群馬版紙面でも、例年にない寒波、

西上州の梅の開花の遅れが報じられています。

 

そんななか、先週、安中市の秋間梅林キャンペーンの

皆さまからいただいた白梅の鉢植えが観光協会の

窓口で開花しました。

 

厳寒の冷たい空気のなかでぎゅっとたくわえとじ込め

られていたかのような、生命力に満ちた香りがフロアに

漂います。

 

数輪が開花した鉢植えの向こうでは、

来る春、そして初夏、盛夏に向けての準備が着々と

進められています。

 

恒例の桜のイベント、また初夏にはこれまでにない

街なかの集客イベント、そして昨年の群馬DCを

グレードアップさせるべく新たな企画を盛り込んだ

夏の期間イベント、と

真剣ながら遊び心を交えた打ち合わせの声が

景気よく響いてきます。

 

今日も北風にさらされる公園や山麓の木々も、

そのまだ固そうな蕾や冬枯れの枝、幹も、

見た目には感じ得ませんが

その中ではこうして訪れる季節への活動が

活発に行われているのかもしれません。

 

そんな想像を胸にふくらませながら、

いただいた鉢植えの梅の木の幹に、

そっと耳を近づけてみたくなりました。

 

 

NPO・ボランティアフェスティバル

npofes2012.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月25日(土)10:00から15:00、

高崎市中央公民館で

第2回NPO・ボランティアフェスティバルが

開催されます。

 

市内の約40団体が参加、

会場では手話コーラスや民謡、フラダンス

といったステージプログラムのほか、

各種体験教室も行われます。

 

第2回NPO・ボランティアフェスティバル.pdf

ninjou2012-1.JPG ninjou2012-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

2月26日(日)の『第152回 ようこそ高崎人情市』は、

"釜石水産組合がやって来る!"のテーマで、

・浜結いくら、あわびの盛り合わせ250g2,000円、

・早取りかわめ500g200円 ほか

東北の新鮮な海の幸を販売します。

 

また、昨年の東日本大震災で大きな被害を受けた

東北地方での、復興への取り組みなど「被災地の今」

を伝える映像を放映、

 

被災地支援への寄せ書きも行い、こちらは3月11日の

「3.11かまいし復興の祈り」の会場である釜石駅前で

展示されます。

 

催しは8:30から15:00まで、

人情市オフィシャルブログは↓

http://ninjou.gunmablog.net/

 

akimabairin-1.JPG akimabairin-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

高崎市の榛名、箕郷と安中市の秋間の

各梅林をあわせて『ぐんま三大梅林』として

PRを行っています。

 

今朝、この季節にしては暖かくやわらかな

小雨が降るなか、

安中市の観光協会、キャンペーンレディの

皆さまが3月31日まで開催中の

『秋間梅林祭』のPRにお越しになりました。

 

期間中、2月26日(日)には開花祭、

3月3日(土)、4日(日)には

『全国梅サミット in 安中』、

そのほかモデル撮影会や野点、ウィーキング

などいろんなイベントが行われます。

 

観光協会フロアでのPRでは、白梅の花のような

落ち着いた色あいのコスチュームで、

少し緊張気味の面持ちのキャンペーンレディの皆さん。

フロア中に一時の春の訪れを感じさせてくれます。

 

プレゼントされた梅の鉢植えの蕾からなのか、

キャンペーンレディの皆さんからなのか、

お帰りになった後も

ほんのり甘やかな香りがフロアにしばらく

漂っていました。

 

akima2012.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋間梅林祭2012ちらし.pdf

 

 

【高崎の梅2012】まだつぼみのようです(2/22)

ume120222-1.JPG ume120222-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

春の兆しは、きょうの高崎は気温もあがり過ごしやすい

一日でした。

 

榛名梅林に出かけてみました。

陽あたりのよさそうなところでも、まだまだつぼみは

固そうです。

 

園主のお話だと、今年は例年より10日~2週間くらい

おそいとのことです。

 

 

【ご当地グルメ@群馬・高崎7】日本一ホルモン

nihonnichihorumonn.JPG

 

 

 

 

 

 

 

中国・梁の高名な画家張僧が、寺の壁に描いた

龍に睛(ひとみ)を入れたら、たちまち雲に乗って

昇天したという故事から生まれた「画竜点睛」。

 

確かに辰年の今年、龍の勢いはすごいです。

高崎でも、

干支だるまに干支手拭いの《龍》が売れてます。

もうしばらく、龍にあやかりたいところです。

 

高崎周辺の飲食店30店舗で結成された

「点睛ぐんま」が群馬の龍に瞳を入れました。

 

ホルモンの取り扱い高が日本一、といわれる

高崎市で堪能できるオリジナルホルモン料理を

掲載した

『日本一ホルモン 点睛ぐんま食べ歩きMAP』は

眺めているだけでも圧倒され、思わず魅惑の香り

ただようテーブルに思いを馳せ、

それが夕刻であれば浮き足立つこと必至の

充実した内容です。

 

高崎の龍も、意欲満々!

豚肉料理なら高崎へ、ぜひおいで下さい!!

 

MAPダウンロードはこちらから↓

点睛ぐんま 日本一ホルモン MAP.pdf

 

 

misatobairin2012.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

箕郷梅林は関東平野を一望する丘陵に、

約10万本の梅の木が植えられています。

 

2月下旬から3月下旬の「みさと梅まつり」の

時期は、純白の花がまるで雲海のように

咲き誇り、

絶景と梅香をお楽しみいただけます。

 

2/26(日)、3/31(日)各10時から、

梅枝・ume味満喫キャンペーンを開催。

梅の切り枝、梅干し、梅まんじゅう等を

無料配布します。

そのほか梅見茶会や青空カラオケ大会

など、今年もいろんなイベントで

お客さまをお迎えします。

 

箕郷梅林2012ちらし.pdf

harunabairin2012.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

榛名梅林は、東日本一の梅の産地で、

12万本の梅が咲き誇ります。

 

梅の甘い香りが広がる梅林で、

一足早い春を満喫してみては

いかがでしょうか?

 

3月19日(月)までJAはぐくみの

はるな農産物直売所にて

「はるな梅フェア」を開催中です。

 

詳しくは↓チラシをご覧下さい。

榛名梅林2012ちらし.pdf

 

新町ひなまつり

行在①.JPG

 

 

 

「明治天皇新町行在所」

明治天皇が明治11年8月から11月にかけて、北陸・東海地域の視察を行い、その途中の新町に立ち寄り宿泊された施設です。

 

 

 

 

 

お雛様②.JPGお雛様③.JPG

 

 

 

 

 

 

 

こちらに大正初期のお雛さまから現在のものまで、色鮮やかに飾られています。

また、先日文化財保護賞を受賞した於菊稲荷神社には御神体もお雛様の盛装を

しています。 ぜひご覧ください!!

3月3日(土)最終日にはイベントも行っています。

 

 

 

 

赤い糸 祈願祭

赤い糸①.JPG

 

恋愛成就、縁結びなどの願いを込めて

観音様の小指から下げられた赤い糸を

小指にからめてお祈りしてください。

(皆さんの願いが叶うよう応援しています)

期間 2月14日(火)~3月14日(水)

  

 体内拝観料 大人300円

         子人100円

 

 

 

赤い糸.JPG

 

【高崎の梅2012】梅の味どころガイド2012

umenomidokoro2012.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東日本一の梅の生産量を誇る高崎。

今年の開花は遅れ気味だそうです。

 

花を愛でる、収穫を楽しむ、そんな産地ならではの

体験に、もう一つ、バラエティ豊かな料理を味わう

ことが挙げられます。

 

榛名観光協会で企画・発行する

『梅の味どころガイド』では、

 

パスタやピザ、そば、うどん、焼肉、餃子、

お餅に饅頭、ジェラートなど

 

高崎市榛名エリアの

約30店舗での趣向を凝らした梅料理を掲載。

2~4月の期間限定でお召し上がりいただけます。

 

ガイドは高崎駅観光案内所ほかで配布してます。

 

gso2012-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ何年かの方々については知りませんが、

歴代の首相のなかでもクラシック音楽フリークは

多いようで、

 

小泉純一郎氏の、R.ワーグナーのオペラへの造詣の

深さは有名です。

 

福田康夫氏はハンガリーのベーラ・バルトークを愛聴

されるのだとか。

私の知る限り、好きな作曲家にバルトークを挙げるのは

福田さんと、

『池袋ウエストゲートパーク』の主人公マコトくらいです。

 

さて、2月18日(土)の群馬交響楽団定期演奏会では

群響友情客演指揮者、広上淳一氏が登場、

リムスキー=コルサコフの交響組曲『シェエラザード』を

メインプログラムに据えます。

色彩豊かな独奏が代わる代わる展開するこの名曲、

群響ならではスリルに満ちた(!)演奏が予想されます。

 

この『シェエラザード』が好きだ、とおっしゃっていたのが

故小渕恵三氏。クラシックファンには分かるようで

分かりづらい、微笑ましいエピソードです。

 

もしお元気だったら、地元群馬の音楽センターの客席に、

そして演奏者に激励のぶっちフォンとかなさってそうです。

 

第479回 群馬交響楽団定期演奏会(2012年2月)チラシPDF.pdf

 

christmasrose120213-1.JPG christmasrose120213-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

冬の花を楽しめる、カフェでもほっこりできる、と

話題の榛名・天神山の「高崎クリスマスローズガーデン」。

ただいまスノードロップが見ごろです。

 

可憐な花を咲かせるこの花ですが、

うつむき加減でその花びらが見せていた形はハート。

山麓に吹く北風が冷たい朝でしたが、

心和む発見でした。

 

ガーデンでは隣接のハウスにてクリスマスローズの

即売も行っています。

また見ごろの花の話題など、随時お届けいたします。

 

高崎クリスマスローズガーデンHP

http://fukujuen.jimdo.com/

 

christmasrose120213-3.JPG christmasrose120213-4.JPG

 

冠稲荷 初午大祭

平成24年2月11日 倉賀野神社の冠稲荷 初午大祭に行ってきました。

CIMG0616.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

午前10時に始まった大祭は

小学生の優雅な巫女舞の後にみなさんお待ちかねの福投げ

CIMG0601.JPG

CIMG0606.JPG

 

 

 

 

 

 

 

神楽の上から巫女さんと福男たちの投げる福をたくさんの人たちがつかんでいました。

まかれていたのは、お菓子やパンや生活雑貨など・・・番号入りの袋をつかんだ人には引換え商品があったようです。

福投げの後は倉賀野神社に古くから伝わる紙芝居。

物語にあわせて琴の演奏もあり子供たちが真剣に聞いていました。

その後は宮司さんによる湯立て神事

湯気やお湯にかかって今年も元気に過ごせますように・・・

CIMG0632.JPG

 

CIMG0621.JPG

 

 

 

 

 

 

 

倉賀野神社の冠稲荷 初午大祭は毎年2月11日に行われるそうです。

  

 

いきいき高崎 観光キャンペーンin新潟

niigata120211-1.JPG niigata120211-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

北陸地方は今年、例年にない大雪とのことです。

そんななか、2月11日(土・祝)、高崎市と観光連携の

協定を結んでいる新潟市にてキャンペーンを行いました。

県境のトンネルを抜けるとまさに雪国の光景です。

 

niigata120211-3.JPG niigata120211-4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今回、新潟市からお招きいただいたイベントは

「にいがた 冬 食の陣 当日座」。

中心商店街、古町のアーケードで開かれる

冬最大の催しです。

 

niigata120211-5.JPG niigata120211-6.JPG

 

 

 

 

 

 

 

その名のとおり、山海の幸に恵まれた新潟ならではの、

バラエティ豊かな食のブースが並びます。

くじら汁や寒ぶり丼をはじめ、ご当地カレー、焼そば、

越後の酒をアレンジしたカクテルのブースなど・・・。

 

niigata120211-7.JPG niigata120211-8.JPG

 

 

 

 

 

 

 

終日、食欲をそそる匂いがただようアーケードで、

高崎から届けたひと足早い春の香りも負けてはいません。

 

箕郷梅林の梅の小枝と高崎だるまの配布では、

午前・午後それぞれ用意した1000組が瞬く間に

なくなっていきました。

 

キャンペーンの時には晴れ間ものぞいていた

新潟の空も、帰路につく頃にはふたたび雪が降り始め、

また翌日はえらい積雪だったと天気予報で知りました。

 

niigata120211-98.JPG niigata120211-99.JPG

 

【ほっこりスポット】帰り道でホット・カクテル

hokkori-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

仕事がないのなら真っ直ぐ帰らないと

いけないのは

分かってます。

でも、そのしっとりと落ち着ける雰囲気を

知ってしまうと、お店の前を素通りできない

のが哀しいのか、嬉しいのか・・・。

 

hokkori-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

高崎駅周辺にはここ数年でバーが増えました。

静かにゆっくりグラスを傾ける、オーセンティックでも

気軽に入れるお店ばかりです。

 

当協会会員のBar Mistyさんもそんなお店の一つ。

ダンディなバーテンダーの豊田さんがひとりでも

初めてでも親切にお客さんに合ったお酒を選んで

作ってくれます。

 

hokkori-3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

この時期、恋しくなるのがホット・カクテル。

同店自慢のモスコミュールは、自家製ジンジャー・

シロップとジンジャー漬けウォッカで仕上げた一杯。

これをホットで作っていただきました。

 

Mistyさんの隠れた人気メニューはマスターの

手づくりチョコレート。特にオレンジピールはお持ち帰り

したくなるようなうれしい一品。

 

束の間の休息、指先まで温まった体が冷えないうちに、

今夜も帰路をいそぎます。

 

 

 

 

 

 

 

【春を待つ2012】街の芸術家たちと準備打ち合わせ

春に向けてのイベント準備が

いよいよ本格的に始まってます。

 

ongakuka.JPG

 

 

 

 

 

 

 

打ち合わせでお越しになった津軽三味線の坂本さん(奥)と

群馬交響楽団ヴァイオリンの渡会さん。

これまでにない音楽空間を、と意気込む和洋弦楽器奏者の

お二人、

その身振り手振りは訪れる春を奏でる二重奏が聞こえて

来るかのようでした。

 

gaka.JPG

 

 

 

 

 

 

 

時をずらして訪れた仏像画家の島田さん、

春のイベントは自分の作品で会場に訪れる人たちを

驚かせたい、と企む81歳。

よく通る声がフロアに響いてました。

 

 

20years.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20年前、自分は何をしていたでしょうか?

だれといっしょに、何をしていたでしょうか?

 

高崎駅西口の高崎市美術館が、今年開館20周年を

迎えます。

これを記念して2月8日(水)から3月30日(金)まで

開催するのが開館20周年記念コレクション展『20年。』

です。

 

これまで同館が収集してきたコレクションをはじめ、

皆さまからお寄せいただいた「20年前と今」の写真を

展示します。

 

1991-2011、20年。

街の人々はみんな同じだけ、年を取りました。

街の風景は、だいぶ変わりました。

でも、この街の変わらないものも、あるのは確かです。

この記念展のチラシを手にとって、

そんな想いを強くしました。

 

詳しくは

◎高崎市美術館HP

 http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/art_museum/art/event.htm

  開館20周年記念 コレクション展 「20年」 ちらし.pdf

 

 

 

 

 

 

 

【ほっこりスポット】通り沿いの小さなカフェ

hokkori120207-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

「・・・もうコーヒーは飲みません」とおっしゃる

ガッカリさんが朝のTVニュースに映ってましたが、

こんな雰囲気のお店が近くにあったらそう易々とは

言えないでしょう。

 

高崎駅周辺には、最近あたらしい、今までにない

感じのお店が数多くオープンしてます。

 

高崎髙島屋近く、慈光通りを仕事帰りに歩いていて

見つけた、それはそれは小さなカフェがこちら。

 

hokkori120207-3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

6人も入るといっぱいの店内にはいろんな種類の

エスプレッソマシンや店主のお姉さんの趣味なのか、

お客さんからのお土産なのか、手にとって見たくなる

品々がところどころにディスプレーされてます。

 

hokkori120207-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

あいにく協会会員さんではないのでお店詳細は

お知らせしてませんが、気になる方はぜひこのお店、

探してみてください。慈光通り沿い、お店のなか、

窓ガラスの向こうに見える木彫りのオウムが

目じるしです。

 

 

ehon2012-1.JPG ehon2012-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

NPO法人時をつむぐ会さんの主催による

『第18回絵本原画展』が開かれている

高崎シティギャラリーに、週末出かけてみました。

 

同会による絵本原画展は高崎ではすっかりおなじみの

催し。毎回、楽しみにしている方も大勢いらっしゃいます。

 

ehon2012-3.JPG ehon2012-4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

子どもならみんな知っている、大好きな絵本

『くろうまブランキー』や『ちょっとだけ』といった

名作の原画がズラリとならぶギャラリー

(※こちらは撮影はできません・・・)。

 

そのほか、『ぐりとぐら』のテーマにしたオブジェも

展示。工夫を凝らした会場は楽しみでいっぱいです。

 

ehon2012-5.JPG ehon2012-6.JPG

 

 

 

 

 

 

 

読み聞かせコーナーでは子どもたちが

絵本の世界へと。真剣に聞き入ってます。

 

絵本も即売してます。

『くだものだもの』、大人の自分も大好きな作品です。

原画も展示されていて、連れの子どもより感激!でした。

 

同展は2/7(火)まで。

 

 

「福は内、鬼は外」節分祭

冬と春の季節を分ける2月3日の節分といえば邪気を払う「豆まき」ですが、

高崎市内でも毎年山名八幡宮をはじめ多くの寺院で節分祭が行われています。

今年はその一つ、吉井町にある古刹「仁叟寺」節分祭に行ってきました。

P1050776.JPG

P1050784.JPG

 

 

 

 

 

 

 

多くの人が豆まきに参加していました。

P1050797.JPG

 

まかれていたのは、一口タイプの福豆とお餅のセット・

乾麺のラーメン・カラーボール

番号付きのカラーボールでは特別賞のお酒やワインなどもあったとか・・・

他にも、全員にもれなく景品ありの大福引抽選会

甘酒やお茶のサービスもあり、みなさんが大節分祭を楽しんでいました。

 

P1050795.JPG

 

 

 

 

いつもは、お寺にいない赤鬼さんも今日は特別登場

豆をまく前に住職さんから「あまりいじめないで」と注意もありました。

みんなが福をもらって赤鬼さんたじたじです。

 

 

 

 

吉井町の仁叟寺は毎年2月3日節分祭が行われるそうです。

みなさまも来年は、福をつかみに、高崎市内の節分祭にでかけてみてはいかがですか。

 

 

【春を待つ2012】梅林のつぼみ、まだ固く

bairin120205-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

立春を迎えた翌日、

榛名山麓の梅林に出かけてみました。

 

毎年、丘一面に白い花を咲かせるこの梅林ですが、

枝のつぼみはまだまだ固そうです。

 

農園の方に伺うと、

今年は寒さが厳しく開花は遅くなるのでは・・・

とのことです。

 

この「たかさき日和」でも、

待ち遠しい春への風景を、

随時お知らせしていきます。

 

bairin120205-2.JPG bairin120205-3.JPG

高崎白衣大観音『赤い糸祈願祭』2012 (2/14-3/14)

akaito2012.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も観音さまの小指に赤い糸が結ばれます。

 

昨年も大好評だった高崎白衣大観音の縁結びイベント、

赤い糸祈願祭が、2/14~3/14まで開催されます。

 

恋愛成就や縁結びの願いをこめて、観音様の小指

から下げられた赤い糸を、

お越しの皆さまの小指にからめてお祈りします。

 

なお、まだまだ知られていない観音さまの

パワースポット、恋愛など願いが叶うというのが

裏手にある「光音堂」です。

こちらもわすれずにお参りを。

 

高崎白衣大観音「赤い糸祈願祭」2012 チラシ.pdf

 

 

hirayamaten2012.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高崎の街なかはアートシーンにも満ちてます。

 

高崎駅東西口のそれぞれ近くにある二つの美術館が、

今年は相次いで開館の節目となる記念イヤーを迎え、

意欲的な企画を続々とリリースします。

 

まずは東から、

高崎駅東口の高崎市タワー美術館で、明後日5日から

3月31日まで、同館の開館10周年特別展

『平山郁夫展 ~大唐西域画への道~ 』が

開催されます。

 

佐川美術館の国内最大規模の平山コレクションから、

「大唐西域画」をはじめとする約70点の本画、素描を

展示、平和を祈り続けた平山画伯の足跡を紹介します。

 

詳しくは

◎高崎市タワー美術館

 http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/art_museum/t/

  高崎市タワー美術館『平山郁夫展 ~大唐西域画への道~』チラシ.pdf