2011年6月アーカイブ

habatake110722.JPG

 

 

 

 

 

 

 

明日から県内全域で群馬デスティネーションキャンペーン(DC)が

始まります。新聞報道によると、県内のメニューは1500だとか。

 

そんななかで、高崎ではおすすめですが、この1500に入っていない

ものもあります。

群馬県観光国際協会主催のツアー「はばたけ群馬観光博覧会」には

期間中、夏~初夏の群馬を体験するにはピッタリなコースも用意して

います。

7月の「たかさきスイーツめぐり」は榛名山麓の果樹園や牧場、湖など

自然の涼を存分に体感できるもの

http://tabihatsu.jp/program/79704.html

9月の「野菜ソムリエに出会うたび」は高崎周辺で活躍する野菜ソムリエ

の案内で市場やレストラン、栽培の現場をめぐります。

http://tabihatsu.jp/program/79716.html

 

DCを意識して企画したツアー、何万部か発行されたDCガイドブックなど

"メニュー"に掲載されてないのはホントに残念ですが(理由は知りませ~ん)、

群馬の旅への選択肢の一つにしていただければ幸甚です。

 

【群馬DC】リゾートやまどり、試乗しました!

先日、7月から運行が開始される「リゾートやまどり」に試乗してきました。
「リゾートやまどり」は、7月2日以降9月末までのディステネーションキャンペーン期間中週末を中心に新宿ー長野原草津口間で特急「リゾート草津」として運転、
8月5日~29日までの金・月曜日には高崎ー万座・鹿沢口間で快速列車として走ります。
いずれも全車指定席です。
P1040521.JPG「リゾートやまどり」がホームに入線して、早速外観を撮影。
どの角度からが良く写るか試行錯誤。。。

外観を撮影し、電車に乗り込んで用意された席に着いてはみたものの・・・中の様子に興味津津!!!
せっかくの機会なので、全車両歩き回ってみました。

P1040523.JPG

 

 

 

P1040524.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

内装は茶色を基調とした落ち着いた感じでシートは2列と1列のタイプになっていました。
6両編成のうちの2号車はシートとシートの間隔が新幹線のグリーン車より広く作られているそうです。
あまりの間隔の広さにビックリです!!
前の座席に全く足が届かないのです。脚の長さにもよるのかもしれしれませんが・・・とにかく広かったです!!
車内には畳のスペースやキッズルームもあり、キッズルームにはおもちゃも用意されていました。

P1040527.JPG

P1040525.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車両と車両の間のスペースも両側にシートがあったり、通路やデッキも広めで中の設備も充実していました。
1号車と6号車には展望室があり、運転席の様子や運転席とほぼ同じ位置から見る景色も堪能でき、
その眺めを見られるのは何とも不思議でずっと見てても飽きないと思いました。
「やまどり」の車内では中之条観光ガイドの方々が車内で吾妻線沿線の観光案内や語りべ、ハーモニカ演奏など
日によって変更になるとの事ですが行ってくれるそうです。

 

P1040533.JPG P1040529.JPG

 

 

P1040530.JPG P1040531.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高崎ー中之条間の往復の試乗でしたが,あっという間で名残惜しかったです。
吾妻線沿線の今の時期の景色は自然豊かで、山々の緑や吾妻川の清流を見ているだけで、とても心穏やかな時間を過ごすことが出来ました。
旅行する際の交通手段に選ぶともっと旅行が楽しめると思いますし、「やまどり」に乗るだけでもゆったりのんびりできる
ひとときを味わえますよ!!

 

高崎出身、JOYさんの初冠番組が本日スタート!

joynt.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長らく療養中だった高崎出身のモデル、JOYさんの

復帰後初仕事、また初冠番組『JOYnt!』が今晩23:00から

群馬テレビでスタートします。

 

JOYさんが地元密着で、地域を元気にする内容とのこと。

期待大です。これでポストぐんま観光大使に大手?

観光案内所に機関車達磨登場!!

7月1日から「まちなかスタンプラリー」がついに始まります!!

先日、高崎駅中央改札前の観光案内所(ビジターセンター)にスタンプラリーの景品の機関車だるまのサンプルが届きました。

可愛くて案内所スタッフにも大人気なんですよ♪♪

是非スタンプラリーに参加してゲットしてみて下さいね!

みなさまのお越しをスタッフ一同お待ちしております!!

 

だるま1.jpg

 

だるま2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 機関車の街高崎まちなかスタンプラリー
http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/index.html

【機関車の街・高崎】高崎駅西口のウェルカム看板

kikansya110629-1.JPG kikansya110629-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

あと2日で始まる群馬デスティネーションキャンペーン、

高崎駅西口ペデストリアンデッキにウェルカム看板を

設置しました。

 

「機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー」や

「ガイド付きまち歩き」など、DC期間中の催しを

掲載しています。

 

看板背景の古地図風の絵は、スタンプラリーの

表紙やスタンプをデザインした島田幸雄さん。

昭和初期の高崎駅前の風景を、古い写真や資料、

島田さんの記憶を交えて描いたもの。

 

ほぼ原画とおなじ大きさの看板に仕上がりました。

看板に使ったことは、島田さんにはまだ話してません。

観光協会スタッフをいつもサプライズさせる島田さんへの

ささやかなお返しでもあります。

kikansyadaruma110628.JPG

 

 

 

 

 

 

 

群馬DCもいよいよ迫ってきました。

本日、高崎駅の新幹線ホームへの階段を降りたところに

高さ約80センチの「機関車だるま」を設置しました。

JR高崎駅さんのご厚意で、

群馬の玄関口でもある同駅に遠方からお越しになった方に

高崎だるまとこの夏復活運行する蒸気機関車C61をアピール

します。

新幹線改札を入った正面、待合ロビーのとなりです。

さっそく携帯カメラで撮影されている方もたくさんいらっしゃい

ました。

SLの貴公子とも呼ばれるC61らしいたたずまいのだるまです。

 

DSCN1164.JPG DSCN1166.JPG

 

 

 

 

 

 

 

榛名山麓、箕郷梅林の蟹沢地区のブルーベリー園の本日6/27の様子です。

こんなに立派に、今年もたくさん実ってます!!

 

摘み取りができる観光農園は7/3(日)にオープンします。

詳しくは↓

http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/pdf/blue.pdf

 

 

 

【染料植物園だより】アジサイが見頃です(6/27)

sen110627-1.JPG sen110627-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

sen110627-3.JPG sen110627-4.JPG

 

 

 

 

 

 

高崎市寺尾町の染料植物園ではアジサイが見頃を迎えています。

園内にはアジサイだけでも各種、またいま、ユスラウメが実をつけ、

ザクロが花を咲かせています。

 

霧雨まじりの今日の高崎、

同園駐車場から、または観音山山頂からの散策路は、

しっとり濡れた草木の花葉が今しか見ることができない慎ましやかな

表情をみせてくれます。

 

なお、

同館では収蔵品展「草木染の美・夏 日本染織文化史」を開催中です。

http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/senryou/

【涼を求めて2011夏・高崎】箕輪城近くのホタル

 

hotaru110625-0.JPG

 

 

 

 

 

 

 

『天地人』の原作で知られる作家・火坂雅志さんが箕輪城主・長野業政を

描いた小説『業政駆ける』(角川学芸出版)の発刊以来、この城跡を

訪れる方がぐっと増えているんだとか。

そんな箕輪城近くで、いまホタルを鑑賞できます。

hotaru110625-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

天候にもよりますが、午後8時から9時がベスト。

来週7月3日(日)午後3時からは恒例の「みさとホタル祭り」が

箕輪小近くの法峰寺前、蛍峰園で

予定されており、獅子舞や箕輪城太鼓による演奏が行われます。

その後にホタル鑑賞が天候次第ですができます。

 

hotaru110625-1.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

武田信玄らとの壮絶な戦いが繰広げられた同城。

そんなこの土地の、現代の世の夜に静かに弱緑の光を

走らせる蛍たち。末裔。

 

 

 

【Welcome to Museum!】ミッフィーに出会える!

muse110627.JPG

 

 

 

 

 

 

 

高崎駅西口から徒歩3分、高崎市美術館では明日6月26日(日)から

9月4日(日)まで『ディック・ブルーナに学ぶモダン・アートの楽しみ方』

を開催します。

世界中の子どもたちにおなじみのミッフィーの生みの親、ディック・

ブルーナの作品をとおして、美術作品の楽しみ方に触れられる展示。

期間中、読み聞かせや体験プログラムも用意されています。

 

さあ、美術館に出かけよう!

 

http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/art_museum/art/untitled_003.htm

ninjo1106.JPG

 

 

 

 

 

 

 

毎月第4日曜日に高崎市高松町のもてなし広場ほかで

開催される「ようこそ高崎人情市」、

明日6月26日(日)の第144回は『元気です!ひたちなか』を

掲げて、茨城県ひたちなか市の新鮮食材を使ったご当地料理を

人情市価格で提供します!

・ご縁のつみれ汁 1杯 5円!!

・たこ炊き込みいなり寿司300円

・常陸牛ステーキ弁当1,000円  ほか (各限定数量)

 

【群馬DC】たかまる&ぐんまちゃん

P1000944.JPG P1000960.JPG

 

 

 

 

 

 

 

群馬県のマスコットキャラクター、ぐんまちゃんが高崎だるまの工房に

遊びに来ました。出不精、内気な高崎だるまのマスコット、たかまる君

ですが、ホームでは強気です。

群馬DCでは体験メニューとしてだるまの絵付けを用意、運がよければ

たかまるに会えるかもしれません。

ぐんまちゃんはクローンのように何体もあるそうで、この写真のものが

ぐんまちゃん何号かは未確認です。

夏日の工房、着ぐるみに入っている人たちは脱いだ後ぐったりしてました。

 

【高崎で果物狩り!】ぶどうの花が咲いてます

P1000986.JPG P1000989.JPG

 

 

 

 

 

 

 

P1000990.JPG P1000992.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻高展望花の丘のぶどう園の伊藤さんから、ぶどうの花が咲いたと

連絡があり、出かけてみました。

 

ぶどうの花、あまり見たことがありません。どんなものか、と果樹園を

のぞいてみると、ほんとに小さな花です。教えていただかないとどれな

のか分からないほど。開花はわずか1週間ほど。貴重な機会です。

 

伊藤さんの農園では、生食用の藤みのり、高妻、ゴールドフィンガー、

ウインク、またワインやジュース用のメルローと山葡萄の交配種など

18種のぶどうを栽培しています。

めずらしいものでは房が1メートル近くになるネヘレスコール(左上写真)。

 

国内で栽培が盛んなデラウエア種、日本で初めて栽培されたのは、

実は高崎のとなりの安中だったんだとか。そんな由緒あるエピソードを

伝えていきたい、とこの品種の記念栽培を伊藤さんは企画中です。

 

今年のぶどう狩りは早生品種で9月4・5日あたりから始まり、

11月中旬までの予定。

伊藤農園 090-6160-6481

 

hananooka110622-1.JPG hananooka110622-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

hananooka110622-3.JPG hananooka110622-4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

高崎駅から車で15分ほど、少林山達磨寺の南の鼻高展望花の丘では

西洋アジサイ・アナベルが見頃です。

今日の高崎は35度を超えそうな真夏日和。

丘の向こうには榛名や妙義の山々がくっきり見えました。

赤城のほうはかすんでいて見えませんでした。

 

【アジサイ】牛伏山自然公園みごろです6/21

6月21日牛伏山山頂へ向かう車道沿いの紫陽花が咲きました。約1400株の青紫色した紫陽花です。ぜひ、お出かけください。吉井インターチェンジから10分ほどです。


P1010396.JPGのサムネール画像 P1010394.JPG

P1010390.JPG P1010388.JPG

P1010386.JPG

問い合わせ先 吉井観光協会027-387-3111(吉井支所産業課内)

gso110625.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末、6月25日(土)は群馬交響楽団の定期演奏会。

プログラムは人気サックス奏者・須川展也氏をソリストに招いての

グラズノフのコンチェルトと、ショスタコーヴィチの交響曲第7番

《レニングラード》。指揮は首席指揮者の沼尻竜典氏。

 

群馬音楽センターで群響がもっとも映える作曲家は、ショスタコーヴィチ

かもしれません。少なめの残響と、それをカバーしようと必死な群響が、

毎回思わぬ熱演を魅せてくれるのです。

昨年の沼尻氏の首席指揮者就任定期の12番でも、ボリショイサーカスの

ような(笑)スリリングな演奏が印象的でした。

 

今回の7番を群響が取り上げるのは約20年ぶり。

第二次世界大戦、レニングラード防衛戦の最中の1941年、ナチス・ドイツへ

の抵抗と勝利を描いた長大な作品。《大砲が鳴ると、音楽は沈黙する。

この交響曲では、音楽が大砲とともに鳴りわたる》と作曲家が記します。

「愚作」との評価もある一方で、後年スターリンの圧政を描いたという証言も

なされたりと謎の多い作品でもあります。

 

M.ラヴェルの有名な《ボレロ》を模したとも言われる第1楽章は「戦争の主題」

が楽器を替えながら12回繰り返されます。天才ショスタコーヴィチが単純に

他作曲家の真似をしたわけははずで、そんな理由を探るのも愉しいです。

 

聴きどころは第3楽章。

冒頭の木管楽器によるコラールの強奏は「祈り」に満ちた音楽です。

誰の何に対する祈りなのか。作曲当時は戦禍または圧政だったかも

しれません。でも、今回はちがうふうに聴こえる気がします。

 

第473回 群馬交響楽団定期演奏会(2011年6月)チラシPDF.pdf

 

 

 

「たかさき能」第1回勉強会が開催されました。

2011061910040001.jpg

619()、源氏物語を読む「蘇芳の会」主宰の吉永哲郎先生を講師に迎え、たかさき能の第1回勉強会が開催されました。

先生からは高崎藩と能の関わりの歴史と、910()に催されるたかさき能「蝉丸」について熱心に解説いただきました。

お話をうかがって今回の演目「蝉丸」が「能ファン」垂涎の的といわれることが大変よくわかり、聴講された皆様も910日が来るのを待ち遠しく感じられたことと思います。

講義の後、実行委員会から7月21日(木)に行われる観世流能楽師・山中迓晶氏によるチャリティイベント「能のある空間」と、8月21日(日)開催の第2回勉強会についてお知らせして第1回勉強会は盛会のうちに終了しました。(チャリティイベントと第2回勉強会の詳細はhttp://takasaki-nou.jp/p001/へ)

 

 

2011061915160000.jpg

当日は、オリジナルのお饅頭やクッキーなども販売されますので、楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ご当地グルメ@群馬・高崎3】新町かち鳥もち

今や全国的に有名になった"王様のおやつ"、ガトー・ラスクの

発祥の地、高崎市最東部の旧多野郡新町エリアは、実は

群馬でさえもまだまだ知られていないご当地グルメの宝庫。

t-gourmet1106.JPG

 

 

 

 

 

 

 

老舗・田中屋さんの「かち鳥もち」もそんな一品。といっても

地元新町ではハレな日の名物。

 

戦国時代、現在の埼玉県と接する神流川で繰広げられた

合戦にちなんで命名されたかち鳥もちは、餅と鶏肉を交互に

串にさして油で揚げ、秘伝のタレで味付けしたもの。

 

地元のイベントでは1日2千本も売れる定番。

今年の統一地方選では、同商品を購入した選挙事務所も

あり、見事トップ当選を果たした、とのことです。

 

アスリートや受験生など、勝負を控えた方に特におすすめです。

 

【たかさき珍訪録3】落合の道祖神

chin110617.JPG

 

 

 

 

 

 

 

高崎市の榛名、倉渕地域には100体を超える道祖神が

今なお残る。

 

「宝暦十辰天極月吉日中原村中」と刻まれた

「落合の道祖神」は旧倉渕町の入口、小さな祠へと

つづく小径にひっそりと佇む。

 

この道祖神は、春画を思わせるような夫婦和合の姿、

分かり易く言えば結合の瞬間を彫り刻んだもの。

 

風雨にさらされ深く苔生した石像に顔を近づけてみると、

永きにわたり変わらず発され続ける夫婦の恍惚の表情から

悦びに満ちた声が聞こえてくるかのようだった。

 

 

warabi110617-1.JPG warabi110617-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

高崎市倉渕町のわらび平森林公園キャンプ場では、

バラエティ豊かなアウトドア体験メニューを用意しています。

 

6月26日までの日曜日、午後1~3時まで、

一斗缶の燻製ボックスを使い、チーズなどの燻製づくりを

紹介しています。

各日先着15名、費用3,000円。申込みはキャンプ場

(℡027-378-3761)まで。

 

◎わらび平森林公園キャンプ場

 http://www5.wind.ne.jp/warabi/

 

daruma110616-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ご報告です。

今年4月初旬に、群馬県達磨製造協同組合が東日本大震災の

被災地支援を目的として販売した「復興祈願 高崎だるま」は、

高崎駅観光案内所、ぐんまちゃん家等の販売機会のご提供に

より、同組合の趣旨にご賛同いただいた皆様からの売上は

1,286,375円(約1200個)となりました。

 

お寄せいただいた浄財は、群馬県庁工業振興課と同組合が

寄贈先を調査・検討し、国指定伝統工芸品の産地で、津波

被害が甚大だった福島県の「大堀相馬焼」(双葉郡波江町)、

宮城県の「雄勝硯」(石巻市雄勝町)の再建に充てさせて

いただくことになりました。

daruma110616-2.JPG daruma110616-3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

明日、18日(土)には群馬県達磨製造協同組合の理事3名が

直接現地を訪れ、義援金を直接お渡しする予定です。

 

【機関車の街・高崎】スタンプ図案がそろいました

「機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー」では、

対象店舗ごとにスタンプを用意しています。

そのデザインを全て行ったのが、市内在住の仏像画家、

島田幸雄さん(81)です。

shimada110616-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今朝、ふらっと事務局を訪れた島田さんが、製印所

から届いたばかりのスタンプ図案を入念にチェック。

その出来栄えに、感慨深そうに見入ってました。

 

若い頃は上信電鉄に勤めていらっしゃったそうです。

仕事依頼の後、私たちも知りました。特に電気機関車

デキへの愛着は人一倍。作品からも伺えます。

 

shimada110616-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

だれかを喜ばせる、明るい気持ちにさせてくれる、

そして何よりあっと驚かせるのが島田さんです。

こんなの作ったんだ、と鞄から取り出したのが、

烏川の石ころに描いたD51とC61。

両面でそれぞれのSLが描かれています。

 

何だかすごく楽しくなってきちゃった・・・という

島田さんの言葉に、事務局スタッフもいっそう

励まされてます。

 

 

群馬デスティネーションキャンペーンの開催を目前に控え、

高崎駅観光案内所(ビジターセンター)スタッフを対象とした

接遇研修を明日まで行っています。

kensyu110615-1.JPG kensyu110615-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

講師には元お天気キャスターで、現在はフリーアナウンサー、

競輪中継や綾小路きみまろショーの専属司会者としてご活躍中の

高橋しげみ先生。

ことば遣いやコミュニケーションのプロフェッショナルが指導が受け

られる貴重な機会とあり、

講義後も日頃の対応での悩みから笑顔や姿勢の作り方など、

予定時間を越えて質問が続きました。

 

群馬の玄関口、上州・群馬への旅の第1歩として高崎駅を利用される

観光客の皆さまに、ベストな笑顔で対応させていただけるよう、

案内所スタッフも準備万端です。

 

 

azemichi 1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「父の日」に観たい1本です!

 

石井裕也監督、光石研主演に映画『あぜ道のダンディ』が

6月18日(土)公開となります。

妻を亡くした主人公・宮田が息子、娘とぎこちない生活を

送る毎日。そんな中、大切な相手に弱みを見せずに、

不器用ながらも一所懸命な男を貫こうとする姿が

観る者の胸を打ちます。

 

IMG_2232.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ストーリー中で印象的な居酒屋のシーンなど、

高崎市内の民家や銭湯などで撮影が行われました。

居酒屋小塙さんには先月の試写会後、さっそくお越しに

なったライターさんもいらっしゃいました。また同店の

ロケ弁は撮影スタッフに大好評だったとのことです。

 

18日の公開日にはシネマテークたかさきで舞台挨拶も

予定されています。

あぜ道のダンディ.pdf

◎小塙

 http://www.kobana.jp/online.htm

◎浅草湯(めっかった群馬サイト)

 http://www.mitsuketa-g.com/tanbou/4276.html

◎シネマテークたかさき

 http://takasaki-cc.jp/free/next

 

これからの季節華やか花々がいっぱい!!

201106140824000.jpg 201106140824001.jpg

  (花しょうぶとペチュニュアの花)

毎朝、高崎公園をぬけて通勤しているので今日がシャッターチャンスと思い撮影しました。

これからが見頃です!!

201106141246000.jpg

 

 

群馬音楽センター建物東側の

タイサンボクの花が見事に咲いていました。

長径10センチ位はあるかと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kikansya110614-1.JPG kikansya110614-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

「機関車の街・高崎」事務局のM氏の机のひき出しの中を撮影。

 

最近、お客様との会話のなかでSLが話題にのぼるとおもむろに

取り出してくる関連グッズはとどまるところを知りません。

 

 

D51のボールペン、消しゴム、駅弁の容器は小物入れ、

ウェットティッシュ、文鎮、C61の団扇、扇子。

ネットオークションとかに出品する意向は、とりあえず無いようです。

 

【高崎城址公園】浅みどりのアジサイ (6/14)

ajisai110614-1.JPG ajisai110614-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

高崎城址公園、群馬音楽センター脇の歩道をあるいて

いたら、1株のアジサイを見つけました。

 

白から浅みどりに変わりはじめたところ。

その隣をヴァイオリンケースをかかえた群響の楽員さんが

通り過ぎてゆきました。

今日もどこかで演奏会のようです。

 

来週末の定期演奏会の頃には、しっとり鮮やかな紫に

色づいているんでしょう。

 

 

【観音山の四季2011】清水寺のアジサイ (6/13)

観音山の入り口、正面の518段の石段と観音堂で

知られる清水寺は、高崎随一のアジサイの名所。

毎年この時期になると地元片岡地区の方々による

あじさい祭りを開催しています。

ajisai110613 -1.JPG ajisai110613 -2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今年は例年より遅めの咲き具合で、見頃は今週末

あたりから。

ajisai110613 -3.JPG ajisai110613-4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

駐車場はありませんが、観音山山頂の市営駐車場から

観音堂まで下りで300メートルほど。

道中、アジサイやツユクサが楽しめるほか、

今朝はカッコウの啼き声も聞こえてきました。

 

 

昨日、群馬県達磨製造協同組合青年部が集まって

作製した「機関車だるま」の作業場に、

吉本興業所属の芸人コンビ「アンカンミンカン」の

川島大輔さんと富所哲平さんが応援に駆けつけました。

ankan-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

吉本興業で展開中の「47都道府県プロジェクト」www.ynn47.jp

の群馬版。群馬県に住みます芸人として、今月から精力的に

群馬県でお騒がせしています。

実は群馬県のみどり市の出身ながら、「群馬のことはあまり

知らない」という2人を取り囲む生まれも育ちも群馬・高崎の職人

たちの空気に圧倒されながら、だるま作りはスタートしました。

 

ankan-2.JPG ankan-3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

真剣そのものです。

はじめは筆を持つ手も震えながら、頼りない目線の二人でしたが、

 

ankan-4.JPG ankan-5.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

終盤にはすっかり工房に馴染み、

この満足げな表情はこの道ウン十年の職人のようでもありました。

 

ankan-6.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当日の様子は

6月12日(日)付け上毛新聞社会面で紹介されました。

 

アンカンミンカンさんには群馬で愛される芸人になって

もらいたいです。例えば、

・だるまの顔の髭を見ただけでどこの工房か瞬時に分かる

・下仁田ネギを香りを嗅いだだけでどこの農場か  〃

・タレを舐めただけでどこの焼きまんじゅう店か   〃

これぐらいのスキルを身に付けられれば、地元テレビ局の

レギュラーは夢じゃないかもしれません・・・。

 

◎よしもと芸人「アンカンミンカン」さん公式ブログ

 http://anmin.laff.jp/blog/

 

7~9月に実施予定、「機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー」の

景品として、群馬県達磨製造協同組合青年部の皆さんが考案した

「機関車だるま」(D51、C61、デキの各モデル)計1,000個を11日(土)

若手職人10名で製作しました。

kikansya110604-0.jpg

 

 

 

 

 

 

 

普段は真っ赤な縁起だるまがひしめく工房ですが、

この日はツヤ消しの黒に金文字のだるまがズラリ!

そこは機関車の整備工場のような光景で圧巻でした。

 

kikansya110604-1.JPG kikansya110604-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

同じD51モデルでも、工房により微妙に表情が

違うんです。よ~く見比べてみてください!

 

kikansya110604-3.JPG  

 

 

 

 

 

 

 

機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー 簡易版HPを

アップしました。

 

http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/index.html

 

 

 

群馬DC(7月1日~9月30日)まであとわずか...

高崎の駅を中心としたイベントも多数の開催が予定されているみたいです

その中から、6/4(土)に開催されました「駅からハイキング」をご紹介します

このイベントは、JRグループ主催で駅を起点としたハイキングです

今日の健康ブームからウォーキングに着目し、より手軽に・楽しくご参加いただける
ものとなっています

今回、市内で開催されたコースは 「中山道 倉賀野宿から新町宿ハイキング」 で、

 

 「 倉賀野駅  ⇒  倉賀野常夜灯と閻魔堂  ⇒  日光例幣使街道  ⇒

   群馬の森(近代美術館・歴史博物館)  ⇒  烏川緑地(上毛三山の景色)  ⇒

   温井川野草広場(シャクヤク)  ⇒  ガトーフェスタ・ハラダ  ⇒  新町駅 」

 

を通る歴史あり!新緑あり!景色あり!オヤツあり!と魅力あるコース

当日の天気も"晴れ"!歩くには適した日となり、約330名の参加があっととのこと

協力している高崎市担当によると、今後はファミリーで参加や、流行の歩く女(あるく
じょー)?!もターゲットにしたコースも充実したいと考えているようでした


ekihai01.JPG ekihai02.JPG

 

 

 

 

 

 

 

群馬DCのキャンペーン隊もかけつけ、本番直前のPRとしてラストスパート!!

ekihai03.JPG

【高崎公園2011】ハナショウブ6/7

高崎公園の池にハナショウブが咲き始めました。

梅雨時期ですが、お花を見ながらお散歩に出かけてみませんか?

201106061401000.jpgのサムネール画像 201106061403000.jpg

いきいき高崎 観光キャンペーンin金沢

kanazawa2011-1.JPG kanazawa2011-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

6月3日(金)~4日(土)、高崎市と姉妹友好都市協定を結んでいる

石川県・金沢市で「いきいき高崎 観光キャンペーン」を実施しました。

 

当日は金沢市でも年間最大のイベント「加賀百万石まつり」の真っ最中。

金沢市観光交流課さんのお計らいで、同まつりメイン会場近くの

北陸の新鮮な海の幸が並ぶ 近江町いちば 入口で高崎だるまの配布

や絵付け体験を行いました。

 

kanazawa2011-3.JPG kanazawa2011-5.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

またこの2日間の地元メディアまわりでは、今期キャンペーンレディ

「華の親善使節」の3名が文字どおり華々しくデビュー。

「ぜひ高崎にもお立ち寄りを」と

2014年の北陸新幹線延伸でぐっとアクセスが良好になる高崎を

アピールしました。その甲斐あってか

金沢ケーブルテレビ(6/3生放送出演)

NHK北陸放送(6/4放送)

北國新聞(6/4付および6/5付)

毎日新聞石川県版(6/5付)

北陸中日新聞(6/5付)

でさっそくご紹介いただいております。

 

関係者の皆さまに厚くお礼申し上げます。

 

kanazawa2011-4.JPG kanazawa2011-6.JPG

高崎フィルムコミッションが撮影支援を行ったTV番組が、下記により

放送予定です。ぜひご覧ください。



番組名 「遠くへ行きたい」~農業王国群馬・土と水と太陽と~

放送日 平成23年6月5日(日)朝7:30~8:00  日本テレビ

出演者 相田翔子さん

内 容 上越線沿線の高崎市・前橋市・昭和村・片品村をめぐる

      市内のJAたかさきスタッフの案内で小麦畑を訪れ、市内の

          パスタ店でスパゲッティを食べます。

【箕郷梅林2011】梅漬け体験、申込み受付中

 

umeboshi2011.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高崎市箕郷町の箕郷梅林で実った新鮮な梅を自分で

収穫、洗浄、加工まで、

一連の作業を体験できます。

 

日   時:平成23年6月25日(土)(雨天決行)

       午前10時~午後1時30分(9時30分受付)

      途中、昼食時間を設けます。

場   所:高崎市箕郷町 箕郷梅林蟹沢会場

       JAはぐくみ 箕郷町特産物研究センター

      ℡ 027-371-7755

定   員:50名(先着)

参加費用:3,700円/1樽(約6キロ)

申 込 み :6月20日(月)までに℡で下記まで

       (社)高崎市シルバー人材センター北部連絡所

       ℡ 027-371-6333 まで

【箕郷の四季】下田邸では、新緑と躑躅。

赤穂浪士として有名な堀部安兵衛が、築庭したと伝わる庭園が残されている下田邸

四十七士の中でも一番の剣客とも伝えられる人は、色々な才能を発揮したみたいです

そんな下田邸の庭園は、歩道に突き出た松や、秋には真っ赤に染まる紅葉など四季

折々違った景色で目を楽しませてくれます

この時期、新緑と躑躅で初夏を感じるとともに、歴史ある書院などの見学はいかがで

しょうか?

simodatei01.JPG

simodatei02.JPG

 

 

 

 

 

 

simodatei03.JPG

【箕郷梅林2011】梅もぎ体験、予約受付中です!

umegari2011.JPG

 

 

 

 

 

 

高崎市箕郷町の箕郷梅林で「梅もぎ体験」を募集しています。

収穫した実は梅ジュースや梅干しなどでお楽しみいただけます。

梅のプロが教える簡単レシピも用意、会場では地元農産物の

直売も行っています。

 

場   所:箕郷梅林(善地会場・蟹沢会場)

期   間:平成23年6月11日~7月3日

申 込 み :希望日を事前に予約してください。

       (社)高崎市シルバー人材センター北部連絡所

       ℡ 027-371-6333 まで

金   額:一般400円/1キロ

       団体350円/1キロ(20名以上)

主   催:みさと梅まつり実行委員会

 

【第26回たかさき能】本日チケット発売です(6/2)

nou2011.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年恒例の「たかさき能」のチケットが、本日発売となりました。

「第26回たかさき能」

日時: 平成23年9月10日(土) 午後2時開場 午後3時開演

会場: 群馬音楽センター

演目: 仕舞  「小袖曽我」 - 伊藤嘉章、小田切康陽

          「舎利」 - 角当直隆、鈴木啓吾

          狂言  「二人大名(ふたりだいみょう)」 - 大蔵流 山本東次郎

     能   「蝉丸(せみまる)」 - 観世流 梅若玄祥   /   ツレ 下平克宏

入場料:前売券4,000円 当日券4,500円 

     自由席1,000円(当日1,500円)

      学生席 高校生以下は自由席無料

 

詳しくは

第26回たかさき能ホームページ  http://takasaki-nou.jp/

第26回たかさき能チラシPDF.pdf

 

 

01 d51.JPG 02 c61.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今年7月、高崎駅には鉄道ファン垂涎の名車両、蒸気機関車のD51、

C61、さらに電気機関車のデキⅠ型(上信電鉄)が集結、上州の灼熱の

鉄路に力強く走る姿を魅せてくれます。

 

その光景を想像するだけでも、胸が高鳴ります。

 

03 deki.jpg

 

 

 

 

 

 

 

そんな稀有な体験ができるここ高崎では、この機会にあわせて

「機関車の街・高崎」

を掲げます。

 

そして、お越しいただいた鉄道ファンの皆さまによりいっそう楽しい

時間をお過ごしいただけるよう、高崎の味・技・人情と機関車を

コラボした商品を巡る「まちなかスタンプラリー」を実施します。

 

11 d51ben.jpg

 

 

 

 

 

 

 

スタンプラリーのシステムは簡単。

①高崎駅観光案内所で参加パンフレットを入手。

②スイーツ、お食事、お土産品、工芸品など駅周辺の約20店舗の

参加協力店で対象商品を購入(1対象商品で1スタンプ)

③スタンプを3つ集めたら、①の観光案内所で機関車の街・高崎

オリジナル高崎だるま1個と交換

 

 

12 mogi.jpg 13 pasta.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

真っ赤な姿にいかめしい顔が定番の高崎だるまですが、今回はD51、

C61、デキの機関車をモティーフに3種デザイン、

限定計1000個のシリアルナンバー付き。

 

21 daruma.jpg

 

 

 

 

 

 

 

参加店舗

NREたかべん、フレッシュベジたか(JAたかさき)、糀屋、だんべえ本舗風間堂、

チャイニーズファン、中村染工場、上州たぬきや、松田製菓、もぎたて完熟屋、

日本一、自家焙煎珈琲の店きゃらばん、このえパン、清芳亭、こうげつ人形、

そば処きのえね、メキシコ小料理TIOTIA、ボンジョルノ、安心食材グラツィエ、

Bar Misty

 

この夏は高崎では鉄道に乗って撮って楽しむことの加えて、街なかで買って、

食べて、飲んで、ファンも家族もみんなで語れる、そんなひと時が過ごせます。

 

機関車の街・高崎、いよいよこの夏、始動です。

 

機関車の街・高崎 

主催:機関車を活用したまちうち周遊事業推進委員会

協力:東日本旅客鉄道株式会社高崎支社、上信電鉄株式会社、

    社団法人高崎観光協会、高崎市物産振興協会

事務局 (高崎市役所観光課内)

℡ 027-321-1257 

 

「機関車の街・高崎」HPまもなくアップ予定です。